FC2ブログ
最後の導入保育後の憂鬱
2006年03月30日 (木) | 編集 |
2月から4回行われた幼稚園の導入保育。本日、最終日です。

今までおそわった決まりごとの復習。靴のしまつ、タオルやスモックを定位置にかけ、出席カードにシールを貼る。上靴入れ、手提げかばん、幼稚園バッグのしまつ。
Shakiはどれも出来てませんが、大丈夫なんでしょうか・・・。
出来なくてもいいから人の話を聞けったら。まったくもう。
とにかく態勢が整ったところでいつもの「お仕事」と言う名の遊びタイムへ。今日はスモックを着用しました。あぁ、なんて可愛いんでしょう(←親バカ)

ここで保護者は別室へ移動。完全な母子分離です。
ま、ウチの子はそんなの平気ですけどね。つかむしろ親の目がなくなって喜んでるし。

新入園の保護者が集められ、園長先生から園の方針について等のお話がありました。入園予定の幼稚園はカトリック系なんだけど、宗教にこだわらないいいお話でした。
去年、願書提出の前に各幼稚園でこういう説明会をしてくれたら良かったのになぁ。そうすれば、園の方針とかが噂ではなく、園長先生から直接聞けるのに。未就園児クラスで先生に担当の先生にちょこちょことリサーチした所で今ひとつはっきりしないもの。まぁ、想像どおりの幼稚園で良かったです。

「派手なことはしません。保護者の方を喜ばせるために子供を見世物にするような行事もありません」って表現も面白かったよ。きっと過去に保護者から指摘があったのかもしれないわ。確かにココの幼稚園の運動会やお遊戯会は出来たところまでお見せするって感じらしくで、捕らえ方によってはやる気無くみえるらしいっす。
運動会やお遊戯会。保護者の方に子供達の練習の成果を見せてあげたくて、必要以上に厳しく指導をされる幼稚園もあるようです。他の幼稚園の運動会で、おじーちゃん、おばーちゃんへのサービスだけのための演目もあったしねぇ(笑)。
まーこれの良し悪しは一概には言えないので置いといて。

その後、主任の先生から入園のしおりの細かな説明。入園式の案内など。一応ここで解散となりました。気がついたら子供達は園庭で先生達と元気良く走り回ってたわ。

最後に通園バスのバス停について個別に説明。みんながバス停や大体の時間を見て納得して帰って行く中、私は・・・
全然、納得できませんがっ。
だって、ウチ、引越しする前の家のところにバス停が設置されてるんだもんっ。第一回目の導入保育の時に、住所変更を申し出たら、主任の先生はちゃんとメモして「変更しておきます♪」って言ったのにっ。
話が長くなりそうなので他の保護者の方を先に終わらせてもらって、最後に主任の先生とさしで話をすることにした。
主任の先生は「えっとー、今日提出いただいた生活調査表には新しい住所を書いてあるんですよね?」なんてすっとぼけたことを言ってる。本当はココで「先日、お知らせしたはずですがっ(怒)」とキレれば良かったのかもしれないが、ま、バス停がちゃんと予想した場所に変更になればことを荒立てる事もないだろうと、その件はスルーして話を進めようとしたら「このルートのこの交差点まで出てきてくれますか?」などとほざきやがる。
そこ、私の予定してたバス停までの距離の倍なんですけどっ。それにそんな交差点、危なくて待ってられないんですけどっ。(心の中の声)
キレそうなるのを我慢して、「毎日のことですのでそこまで出ていくのは辛いです。自信がありません。ここまでなら出てきますが。」と当初予想していた場所を指差す。
「そうですね、その方向で考えてみます」との返事をもらったので、とりあえず、一安心。そーよね、そっちの方が絶対、安全だし、普通そこだろっ。アナタが住所変更の手続きをちゃんとしていれば、そこになるはずなのよっ。
でも、主任先生、私の住所変更の申し出も全く覚えてない模様。
信用できねーよ。


ちなみに私が指定したバス乗降場所まで徒歩1分。
主任先生が指定した場所まで徒歩2分。
甘えてると思われるかもしれないが、毎日のことだ。
雨の日もある、風の日もある。炎天下もある、雪降る日もある。絶対譲れない。
それになにより、都会と違ってきめ細かい通園バス運行がこのへんの幼稚園のウリなんだもの。おうちの真前まで来てくれるところも多いし、通りのバス停まで出ていくと言っても徒歩1分もかからないお宅がほとんどなのよ。園バスが入れない細い道の奥の奥の袋小路に住んでいない限り。
私の要求はそんなに無理無理なものではないことをご理解くださいませ。
つーか、そもそもそっちのミスだしっ(怒り再来)。
スポンサーサイト