スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらに節約
2010年10月28日 (木) | 編集 |
車ぶつけた・・・。つか引っ掛けたと行ったほうがしっくり来るかな。
何がどうなってこうなったかわからないけど、
どうやら一瞬前バンパーがはがれて、
左のウィンカーパーツがごっそり落ちたよ。

一瞬の油断だったんだけど、アクセルとブレーキ踏み間違えちゃってさ。
怖かったよ。
ひとを傷つけたわけじゃないし、自分も怪我したわけじゃないので良かったということにしよう。

と自分を慰めていますが、かなり落ちこんでます。
こういうとき旦那が私を責めないのが助かります。

しかし見た目以上に車のダメージは大きく、バンパーは取替えは免れないらしい。
年末車検に通さなくちゃならないので修理費の交渉を頑張らなくては。


ストレートアイロンだの
かわいいマグだの
あったかそうな着る毛布だの
しばらくはお預けですな(涙)。
スポンサーサイト
応援♪
2010年10月24日 (日) | 編集 |
ちょっとテレビを付けてみたら「全日本大学女子駅伝対校選手権大会」の中継があってました。

私、究極の運動音痴ですが、マラソンや駅伝のテレビ中継を見るのが好きなんです。
ニューイヤー駅伝や箱根駅伝は長時間観てしまいます。
その他の大会はわざわざは観ないものの、チャンネルがあってしまったらもうそこから観戦してしてしまう。

産まれ育った(正確には産まれは違いますが^^;)福岡では「福岡国際マラソン」があり、マラソンって身近なものだったせいかもしれません。
さらに、勤めていた会社で一緒だった人の妹さんが駅伝選手だったのも一因かも。
それに結婚したら義父は元中距離選手でしたわ。

というわけで、話は女子駅伝にもどります。
途中からでしたが観戦していましたら、懐かしい南国の「鹿屋体育大学」が6位でゴール。来年のシード権を獲得しました!

中継の雰囲気では、鹿屋体大の健闘は誰も予想していなかったようでした。
私が観始めた時点でも15位ぐらいだったので、私も期待してはいませんでしたし(笑)。
でもグイグイと順位を上げ、最終ランナーでは熾烈はシード権争いとなり、娘と私も声援を送り、競り勝って6位でゴールしたときには歓喜の踊りでした(謎)。
いやー良かった良かった。来年も是非TV観戦しないとね♪

転勤で、あちこち移動するのは大変なことですが、こういう競技で応援するチームがたくさんになるのも悪くはないです。

甲子園などは一番応援するのは実家のある福岡のチームですが、南国のチームも応援しますし、北関東のチームも応援します。応援するチームが多いと楽しいです。
もちろん慣れ親しんだ九州のチームも応援しますよー。
来年は友人の息子さんが所属する高校のチームも応援しなくちゃ!です。

北関東は学校も多いので、応援し甲斐がありますね。
箱根駅伝は九州の大学と北関東のチームを応援しますわ。
といっても箱根駅伝は歴史も長くさまざまなドラマがあり、いろんなチームに感情移入してしまいますけどね(汗)。

なんだかなぁ・・・
2010年10月21日 (木) | 編集 |
娘の小学校で親子行事がありました。

d101020.jpg d101020_1.jpg
4組の親子で班を作り、いろいろと工夫しながらのロールサンドイッチ作りでしたが、和気藹々と皆で楽しく作り、美味しくいただきました。

そこまではよかったのですが、なんだか釈然としない思いが残りました。
これから長々と愚痴ります。


[READ MORE...]
目標は高いほうがいいが
2010年10月19日 (火) | 編集 |
いよいよ、今月末はBのブロック大会です。
今週末あたりからまた練習もハードなものとなってくるのでしょう。
親も頑張らなくてはなりませんね。

娘によると、このブロック大会を通過すれば次は
世界大会 だそうです。

え?日本代表ですか??

娘よ、それはありえんだろう・・・。

最近こんないいまつがいが多すぎる娘です。


牛肉?豚肉?
2010年10月15日 (金) | 編集 |
ケンミンショーでカレーに入れるお肉は牛肉か豚肉か?ってやってた。
関西では牛肉しか考えられないっていうコメントが大多数。

みんな、そんなに気軽に牛肉買ってるの?

と思っちゃった私(汗)。小市民です。
だって牛肉って私にとっては高価で特別なお肉ですわ。
すき焼きとかビーフシチューとかステーキとか、なにか特別なときに買うお肉なんだもん。

いや、そうはいっても普通に肉じゃがは牛肉でつくりますが・・・。
いや、やっぱりひき肉で作る事が多いか・・・(滝汗)。

我が家の場合、旦那が結婚当初基本的にお肉、特に鶏肉、豚肉が嫌いでした。
なのでカレーは牛肉で作ってました。牛も安い肉使うといい顔しなかったから、ゴロゴロっとした肉。高いからめったに使えず、肉じゃなくてシーフードミックスを投げ込んだカレーが多かったかな。

でも南国に行ってから旦那が豚肉の美味しさに目覚めたおかげで、今は我が家のカレーは豚肉です。
豚肉って安くて美味しくて最高っす。
幸い転勤先の北関東も養豚が盛んで、県産の豚肉を買っておけば間違いなく美味しいです。

旦那はまだまだ鶏肉は調理法によってはNGなので、我が家で買う肉はほとんど豚肉。
ときどき私が禁断症状をおこして鶏肉を鬼買いすることはありますが(笑)。

こうして私の中では牛肉は特別なものとなっているので、あんなに気軽に牛肉を買ってるなんて衝撃でしたわ(汗)。
↑なんだか自分の貧乏性を晒しているだけの気がしてきました(滝汗)。


番組の中では、結局三重県の桑名市を境に東西で豚肉派と牛肉派に分かれるとまとめていましたが、実際はどうなんでしょうか?
九州は豚肉率高い気もするんですけど。
番組に出演されてた大分出身の方は豚肉派だったし。
カレーチェーン店のココイチも基本がポークカレーでオプションがビーフカレーじゃなかったっけ?最近行ってないからわかんないけど。

ま、結局美味しければどっちでもいいんですけどね(笑)。

画像追加~♪
d101015.jpg
先週末はカレーでした。
ちなみに豚肉で作ったカレーを我が家では「キャンプカレー」と呼んでます。なんとなくキャンプで作るカレーはリーズナブルな豚肉かなぁと(笑)。でも関西はキャンプでも牛肉なんですって(驚)。

豚肉とお野菜を炒めてから煮込みに入ります。
野菜を切るのが面倒なので(ズボラ)なもんで野菜はかなりデカイです(汗)。
でもシャトルシェフさんがいい仕事をしてくれますよ。

牛肉を使ってた頃は圧力鍋でしたが、最近はシャトルシェフの出番が多いです♪。
ほめる事の難しさに悩む。
2010年10月14日 (木) | 編集 |
連休初日は雨だったためそのままダラダラと無駄に三日間過ごしてしまいました。
初日は雨の中頑張ってこども図書館に出掛けていったのだけど、お祭りで交通規制。駐車場に行く道がわからず断念しましたです。残念。

残念といえば、最近娘の学校の道徳で残念な事件が起こったようです。
「みんなの良い所を探そう」という授業で、一人ひとりの用紙に、クラスの全員が記名の上その子の長所を記入して本人にその用紙を渡そうとしたそうですが、その用紙に「バカ」だの「大嫌い」だの記入した子が複数人いたそうですわ。

自分の経験を振り返っても、こういうことは起こり得るべきこと。
かなり危険な授業だなと私などは思いますがこういう授業は今も昔も行われているんですね。

でもその用紙は名前を明記の上記入するものだったそうです。匿名ならともかくそんな事件が起こるなんてビックリです。もちろん無記名だったそうですが、他の子が名前を書いているのだから犯人はバレバレ。

自分が書いたとバレても、その子のいい所なんか絶対書きたくなかったのかしら?
まさか自分が書いたとばれないとでも思ったのでしょうか?

幸い先生のチェックの段階で発覚し、誰が誰にそんなコメントを書いたのかは伏せられたようです。といってもクラスが用紙を回しながら記入したので誰が当事者か子供達はわかっていたみたいですが。
先生はこういう事件があったことを重く見て、道徳の時間のみならず、他の教科の時間を使って、そんなことをしてはいけないと皆に教え諭したそうです。

ふーむ。なかなか難しい問題。
大勢の人間が集まれば、相性の良い子悪い子があるのは当然のこと。
みんな仲良く協力し合うことを前提にクラス活動してれば、いろいろと軋轢を産むのも当然。
どんなに仲良くしようと思っていても数人は苦手な子がでてきてしまうのは仕方がない。
そして小学生はスルー出来ない。

「ほっとけよ。」「当たり障りのない付き合いをしろよ。」
大人ははそう思いますが、小学生は放っては置けない。
で、こんな事が起きる。

書いた子はきつくお灸をすえられたことでしょうが、こういう場合、そういうコメントを書かれた子のほうが心配です。やられたらやり返すぐらいの気の強い子ならいいのですが、そうでない子は深く傷つくはず。周りもその子をフォローできるほど成長できていないですしね。
娘とも良く話し合いましたが、娘も視界の狭いヤツですし(汗)。
ともかくこれ以上、問題が大きくならないことを祈ります。



さて、娘は幸いこの事件には巻き込まれていなかったのですが、
もらってきた娘の良いところコメントのほとんどは
「ケロロの絵が上手」
確かにケロロ軍曹の絵に関しては、親もビックリするぐらい上手ですが、それって良い所なの?確かに特技ではあるけれども・・・。普通、やさしいとか明るいとか真面目だとか性格的な部分を書くのではないでしょうか?
親としては微妙な気分ではありますが、本人はいたって満足なご様子。

まぁ、いいか。

それよりも驚くべきことに、コメントの中には「頭が良い」「字が上手」「整理整頓ができている」というものがありました。確かに頭が悪いとは思いませんが特にテストの点数が良いわけでもなく、字も雑で汚く、靴も服も脱ぎっぱなし、部屋も机周りも散らかし放題で私に毎日どやされておりますが。何より整理整頓ができている人が「忘れ物大王」なはずがありませんて(恥)。

小学生には人の本質を見抜く力は全くない。
と痛感いたしましたです、はい。

親から見た娘のいい所は・・・。

真面目(小心者ともいう)。
粘り強い(単にしつこい)。
集中力がある(テレビや漫画やゲームに限るが)。
明るい(単なるお調子者)。

長所と短所は紙一重ですね(汗)。

ただ、人がいやがる事をわざとする子じゃないのは良い所だと思います。暴力を振るったり悪口を言ったりという場面を見た事はないです。まぁ、親の目の届かないところではわかりませんが(怖)。
まぁ、これも単に他人への興味が薄いというだけかもしれませんけど(汗)。

もちろん親ばかの私ですからいい所はたくさん見つけるのですが、ついつい欲がでてハードルが高くなってしまってなのでなかなか本人を誉めることができないです(汗)。

ママ友のなかには、うちの娘でも出来るようなことを「うちの子コレが出来るの。すごいでしょう♪」と本人をいっぱいいっぱい誉めてあげて、人にも自慢する人がいるのです。

それに比べて娘を誉めるのも苦手な私。娘に多くを望みすぎて、「出来る」のレベルを引き上げているのかもしれない。彼女のように「出来る」ことをもっともっと誉めてあげないといけないといつも思います。
人に誉められても、つい「そんなことないですよ」なんて言ってしまう。謙遜ではなく、本当にそのぐらいの事で誉めてもらっていいものかと居心地が悪くなるんです。照れくさいですが、もっと人前でも自慢するぐらいでもいいかも、ですね。

滅多に誉めない私が誉めると娘は本当に嬉しそうにします。それを見ると、あぁもっと娘を認めてあげないといけないなと反省します。娘が自己評価の低い子になっちゃいそうで焦ります(汗)。

そんな私ですが、旦那相手には娘を自慢しまくりですよ。
今日はコレが出来た。こんなかわいいしぐさをした。こんな面白い事を言った。
親ばか全開で一日の出来事を報告します。
先日は「娘って黒木メイサに似てると思わない?」と言い放ち、旦那に「さすがにそれは親ばかすぎる」とたしなめられましたわ。
d101013.jpg 画像はお借りしました。

さすがに親ばかすぎますかね?でも似てると思うのよね。
頭の形が(爆)。
お稽古追加
2010年10月10日 (日) | 編集 |
昨日、習い事に付いてグダグダ書いたのは、娘のお稽古事が追加されたからです。

今のBチームに所属することを決めた時からわかってはいた事なんですが
☆バレエ☆ 始めました。つか始めさせられました。ひー。

もちろん、バレエといっても普通のバレエスクールではなく、Bのレッスンの一環としてのバレエです。もちろん娘以外のメンバー全員が習っているのです。
なので発表会とかもないし、上達してもトゥシューズを履くコトもないです。
チュチュが着れないのは残念な気もしますが(笑)。

お月謝も安心価格。
が、この夏Bのお月謝が倍になった上での追加料金なので痛い出費ではありますが。
バレエは漠然と習わせてみたいと思っていたのですが、スクールに通わせる勇気(とお金)はなかったので、これは私的にはいい機会。幸い本人もいつかはやらなければならないと思っていたらしく、抵抗もしなかったので10月から月3回のレッスンに参加することになりました。

というわけで、先日初レッスンに行きました。

何を習ったのか?と聞くと
「おなかの周りは四角いイメージでライトがまっすぐ向く感じ」だそうです。

シュールすぎて、どういうことか全くわかりませんわ(汗)。

先生が本当にそうおっしゃったのかは疑問ですが、本人はすごく納得した様子(謎)。先生も優しく、とてもわかりやすく教えてくださるそうでとても楽しかったそうです。よかった・・・のかな?
チームを辞めない限りは続けることになります。いつまで続けるつもりなのかは・・・本人もまだわからないみたいですが、きれいな立ち姿を目指して頑張ってくださいな。

必要な物は格安で揃えました。
↓↓↓↓↓
 
人気!激安レオタード★【送料無料】★子供キャミソールバレエレオタード ピンク★【999】

バレエシューズとタイツのセットです。【メ】2点セット・シューズとタイツ 感謝セール

d051006.jpg
4歳の頃、半年だけバレエ習いに行ってたのよねー。
ちっちゃくて可愛いでしょ(超親ばか)。

習い事って?
2010年10月09日 (土) | 編集 |
またしても、脳内のグチャグチャを整理すべくダラダラと文章にさせていただきます。

自分が子どもに課しているものが適切なものなのかという迷いが常に頭の中にある。
それは正しいのだと言い訳したい衝動に駆られます。

子どもにとっての習い事ってなんだろう?
習い事をせずに、毎日をのびのびと過ごしているお子さんを羨ましく思うし
逆に習い事を頑張ってその方面の才能をぐんぐん伸ばしているお子さんも羨ましく思う。
我が子がさせている習い事は、果たして子のためになっているのだろうか?

[READ MORE...]
2度目の軽井沢
2010年10月05日 (火) | 編集 |
去年、初めて軽井沢のアウトレットに行って、メチャクチャ寒い想いをしたかこね家。
軽井沢に行くなら夏だ!と心に決めたはずなのに、気が付けば酷暑も終わってたorz。
とはいえ、まだまだ10月に入ったばかりだしと、休日に出掛けてみました。

前回は3連休に行ったので駐車場待ち渋滞がすごかったけど、今回は日曜のお昼過ぎ出発だったせいかスムーズに駐車場に入れましたよ。

相変わらず広すぎる・・・。特に買い物が目的ではないオシャレでない家族。本当の目的はウォーキングじゃないか?っていうぐらいに歩き回りましたわ。もちろん手のでないブランド物を眺めたり買い食いしたり楽しみましたけどね。

そして前回も感じたが軽井沢はこの時期でも寒い。気温は14℃との表示もありました。
私は、前回の経験を踏まえ、長袖Tシャツにカーディガンを羽織って行きましたからそこまで寒さも感じませんでしたが、例のあの学習能力がないくせに人の忠告は全く聞かない2人は・・・
d101003.jpg
ショーパンで太もも丸出しの上に裸足にクロックスのサンダルの人。
かろうじて長袖は羽織っていますが、寒くて太ももに鳥肌立ててましたよ。
旦那はもっとひどくて半そでシャツだし。
回りはジャケット着てたりブーツはいたりとすっかり冬の装いのなか2人とも浮きまくっていましたよ。

というわけで前回は娘に請われ靴下を買いましたが、
今回は旦那があまりの寒さに長袖シャツ購入してその場で着替えてました。
全くアンタ達は(怒)。

アウトレットでのお買い物は結局旦那のシャツとレゴショップでミニフィグ5体、それと飲むヨーグルトでした。わざわざ軽井沢まできて買うもんでもないけれど、無駄に大きい旦那の服は海外ブランドの方がサイズが合うし、レゴもそこらへんのオモチャやさんでは手に入りにくいグッズがいっぱいだしね。ま、いいお買い物が出来たということにしましょう。

特にレゴショップではパーツを自由に選んで自分の好みのミニフィグを作って買えるので楽しかったです。パーツがパイレーツ用なのかイカツイ親父の顔ばっかりだったのが残念でしたがね。かわいい女の子も作れるパーツはもう売れてしまっていたのかなぁ。
というわけで手持ちのお人形が増えて大満足な娘なのでした。

d101003_1.jpg
ミニフィグはコレで全部じゃありません(笑)。
後ろは某猫キャラの車だそうです。見えませんが中の運転席にも2体おります。
パーツの接続に甘さがみられるのが私的には許せない作品ですな。

来年こそは暑い盛りに軽井沢に避暑に行きたいと思います。

彼岸花
2010年10月02日 (土) | 編集 |
独立宣言」と書いてあるのを
「これって幽体離脱(ゆうたいりだつ)って読むの?」
娘@小3に聞かれ、激しく動揺しているかこねです。
どこをどう読んだらそうなるんだ?
「立」と「言」は習ったはずなんだけど?

つか、幽体離脱って・・・。ある意味魂の独立か?


それはさて置き(置いていいのか?)
先週末ですが、新聞に彼岸花が群生しているという記事が載っていました。
近いところだったし、ちょうど彼岸花について調べたばっかりだったので見に行くことにしました。

なぜ彼岸花について調べたかって「ゲゲゲの女房」の最終回に彼岸花が出てきたからです。彼岸花の咲いている光景も美しかったし「彼岸花の咲く頃に亡くなった人は ご先祖様に守られてあの世に行ける」的な台詞もあって興味を惹かれてネットで検索などかけてたんですよ(照)。

というわけで、仕入れたばっかりの彼岸花の知識を娘にひけらかしつつ、鑑賞しました。
d100926.jpg
恐ろしいほどに真っ赤ですね。
彼岸花は花の時期と葉の時期が違うそうで。
花が盛りなのに葉っぱがないのがナゼかちょっと怖い。

すごく綺麗でしたが、広さがないので鑑賞時間はものの10分ほど(笑)。
まぁ、ウチから車で30分の所ですから、わざわざ来たのにーってことにもならず良かったです。

帰路にあるショッピングセンターでお昼ごはんを食べてウロウロとウィンドウショッピングを楽しみました。見るだけのつもりだったけど、このごろ急に寒くなって冬物衣料を出したら、娘の去年の服が半分ほどサイズアウトでしたので数着買っちゃいましたけどね。買い物はストレス発散になって良いです(正当化)。

「ゲゲゲの女房」に続く「てっぱん」。
結局全部観てます。私だけでなく旦那も(笑)。
1週間しっかり観たので、すでにオープニングのダンスが踊れますわ。
一般からダンス動画を募集しているそうなので、応募したい衝動に駆られていますが、おそらく周りから全力で止められるとおもうのでやめておきます。

エレ覚書
2010年10月01日 (金) | 編集 |
娘のエレクトーンの練習記録です。長いです&退屈です(汗)。

読み飛ばしてくださって結構ですが、エレクトーン経験者の方にはお伺いしたいコトが。

エレクトーン個人レッスンって実際何を教えてもらうんでしょう?
娘のような、将来的にエレクトーンを仕事にしようとか一切思っていない小学生レベルで教えていただけるのはどんなものなんでしょう?私自身はピアノしか習ったことがないので謎だらけです。
コードとか?アレンジとか?伴奏付けとか?将来的にはレジスト作りとか?
経験者でなくとも、ご存知の方がいらっしゃったら教えてくださるとありがたいです。


エレクトーンを購入してから9ヵ月。
娘は毎日楽しく・・・、まぁ、ホントのトコロは楽しいばかりではないようですが、練習しております。

グループレッスンのみでエレクトーン個人のレッスンを受けていないのはとても不安ではありますが、楽しく長く続ける事によって、皆無だった音感リズム感を養えればと思う親心は変わっておりません。

グループレッスンの最後に1人ずつの指導があります。娘はある程度仕上げた段階の曲をみていただくので、音の強弱やスラーやスタッカートなど細かく指導はしていただいています。
できているところは良く誉めてくださいますし、気をつけるべき所はキッチリ押さえて指導してくださるので安心してお任せできる先生ですが、その先生(ピアノが専門です)が「そろそろエレクトーンの個人レッスンを・・・」みたいなことを娘には時々言っているようです。親の私にもそういう提案が直接あったら、そろそろ個人レッスンも考えないといけないのかな・・・と怯えています覚悟をしています。

★2010年4月~9月にクリアした曲
探検キッズ(マイレパートリー)
モンスター(マイレパートリー)
マーチ(マイレパートリー)
人生のメリーゴーランド(GRADE8)
ナウシカ・レクイエム(GRADE9)
もののけ姫(GRADE8)
天空の城ラピュタ(GRADE8)
風の谷のナウシカ(GRADE8)
ねこバス(GEADE8)

★ただいま練習中
チム・チム・チェリー(マイレパートリー)
ピアノソナタ第8番ハ長調「悲愴」第2楽章より(GRADE8)
ありがとう(GRADE8)
Arrietty's Song(GRADE7)

★本人希望曲
アシタカせっき(GRADE8)

★終了曲
くまのプーさん(マイレパートリー)・ラプソディインブルー(GRADE8)・君をのせて(GRADE9)


グループレッスンでの課題以外に練習している自由曲は常に3~4曲。
本来ならば1曲づつ確実に練習をするものなのかもしれませんが、娘は何曲も同時進行です。
と、いうのも新しい曲は譜読みからはじめ右手を完成させるのに2週間近くかかるという事情が(汗)。その後左手左足は比較的スムーズにいったとしても形になるには1ヶ月近くかかります。
そんな状態で先生に見てもらっていては、時間が勿体無い。貧乏性の私は先生に見ていただくわずかの時間は無駄にしたくないわけでして。完成間際の曲から譜読み段階の曲まで3~4曲同時進行で練習しておき、大体弾けるようになった曲を見ていただくようにしています。
娘も右手が弾けるようになるまでの練習が一番辛くて何度もくじけそうになるのですが、他に弾けるようになっている曲があれば気が紛れて、なんとなく乗りきっている感じです。

そのほかにもクリアした曲を弾きたがります。
特にジブリの曲は好きなので(ってほとんどジブリなんですが^^;)。
せっかく弾けるようになった曲を忘れてしまって弾けなくなることを恐れる気持ちはわかるのだけど、現在練習中の曲がおろそかになってしまったりするので、娘と話し合ってローテーションを決めて1日に3~4曲ずつとしましたが、練習方法も考え直さなければいけないかなぁ。

そしてジブリの曲ばかり弾いていたので、先日先生から「ジブリ以外の曲にも挑戦するように」と指摘されたので選曲もいろいろ考えていかなくてはなりませんね。ジブリ以外の曲で娘が興味を示すのはマニアックなアニソンとかなので今後一番苦労するところかもしれませんわ(汗)。ディズニー曲を弾きたいって言ってくれたら楽譜調達も楽なのにぃ・・・。

長々と書きましたが、今段階の娘のエレクトーンの覚書でした。

<私信>
拍手コメントのD様へ。
娘の担任の先生いわく「子どもたちは本番にはちゃんと帳尻をあわせてくる」そうです。
確かに子どもって最後の追い込みが素晴らしいですからDさんの娘さんもきっと大丈夫!
と、思ってはいても、親っていうのはいつだってハラハラしますよね(汗)。
Dさんも娘さんも頑張ってくださいね♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。