FC2ブログ
スチーム蒸し蒸し
2010年11月18日 (木) | 編集 |
洗濯機に歯磨き粉を投入したことがありますか?

今朝、洗濯機から洗濯物を出していたら蓋の開いた歯磨きチューブが出てきた。
どうりで洗濯物がミントの香りに包まれていると思ったよ(涙)。

が、見た所、特に洗濯物には汚れも付いていないようでしたのでそのまま干しました。
取り込むときに再度チェックしたら旦那の靴下とトランクスに歯磨き粉と思われる白い汚れが付いていましたが、そのまま再度洗濯機に投入しておきました。
実害と言ったらそれぐらい。

一方、歯磨き粉の方もまだ中身が入っていましたので、そのまま風呂場へ。
えぇ、この歯磨き粉、風呂場で歯を磨く旦那専用のモノなのです。
どうやら、朝、風呂場から洗面所に持ってきて、風呂場に戻さず、何かの拍子に洗濯槽に落ちたと思われます。使ったらきちんと元の場所に戻さないからこーゆーことになるんですよ。なので一度アタックの泡にまみれたかもしれませんが、罰としてそのまま最後まで使っていただきます(鬼嫁)。

という話は置いておいて、

ずっと気になっていたシリコンスチームなべを買いました。
我が家の調理の熱源としては2口ガスコンロがあるのですが、狭い台所に場所をとっている立派オーブンレンジも活用できれば助かるのになと常日頃思っておりました。
一応、耐熱ガラスの容器とラップを使ってレンジ蒸しもどきは良くやるんですけどね。

タジン鍋が出てきた時も欲しいなと思いつつ、買った鍋の置き場がない狭小住宅ですから諦めました。
シリコンスチーマーが流行してきてからも収納場所が悩ましいなぁと思い、買うのをためらっておりました。
しかし、シリコン製なのでオーブンにも使えるし、鍋の先がとがっているタジン鍋よりは収納しやすいかなぁとか、だれか先に買わないかなぁ?使い勝手が良ければ買ってもいいなぁなどとぼんやりと思っておりました。
Wさんあたり買っちゃってるんじゃ?と思っていたけど気配なしだし。

それにシリコンスチーマー出始めの頃は結構お高いお品ばかりでしたしね。

【ポイント10倍】 レンジで簡単ヘルシーおかず。 レンジでお料理 Lekue(ルクエ) スチーム...

大人気らしいルクエ。
5千円も出すなら耐熱ガラスとラップでいいやと思っちゃう貧乏性(汗)。


【ポイント10倍】 シリコン/スチーマー/蒸し料理/マイクロウェーブ/ヘルシー VIV(ヴィヴ) ...

蓋が別になってルクエよりも使いやすそうなヴィヴ。
それでも3千円かぁ。

ところが、最近話題のムック本てやつでシリコンスチーム鍋とレシピと一緒になって2000円を切る商品が続々と。

シリコンスチームなべつき 使いこなしレシピBOOK

シリコンスチーマー付き 栄養たっぷり楽チン!クッキングレシピ


はじめてでもちゃんと作れるルクエごはんスペシャルセット
↑高嶺の花(?)のルクエも!でもまだ高い(笑)。

散々悩んだ挙句、昨日シリコンスチームなべつき 使いこなしレシピBOOKを購入いたしました。1600円で小さめのシリコンスチーム鍋とレシピだったら、万が一使わないとしてもそんなに傷を負わずに済む(笑)。

実際に手に入れてみての感想は・・・なんだか頼りねー。って感じ。
レシピも加熱時間の参考程度だし。
でも、まぁ1600円だから文句は言えない(笑)。
あ、シリコンスチーム鍋はたたんでコンパクトに収納できます。これはポイント高い。それに食洗機対応なのもいいですね。色も真っ赤でかわいいし(旦那にはメチャクチャ不評^^;)。

というわけで、適当に白菜のミルク煮を作ってみました。
d101117.jpg
白菜と粗挽きウィンナーをざくざく切って、鍋に投入。
コンソメと塩コショウとナツメグを振りかけて牛乳を注ぎレンジでチン。
ちょっと牛乳が吹きこぼれ気味だったので、牛乳はあとから入れたほうが良かったかな。
それでも簡単に夕飯に一品追加できました♪

・・・この日の夕飯のメイン、カレイの煮つけには全く合わない副菜でしたが(汗)。
こういうところセンスがないんですわ。

まぁ、今まで耐熱ガラスのボウルとラップでやっていたことを専用の道具でしているだけなんですけどね。でもなんだか嬉しい♪

本日はほうれん草をざくざく切って鍋に投入しレンジでチン。
荒熱をとってから水分を絞るのですが、これはシリコン鍋ごと絞れて手が濡れないのがイイ!フニャフニャやわらかいシリコンの成せる技ですね。
あとはダシ醤油とすりごまで、簡単胡麻和えの出来上がりー。

2口コンロがふさがっているときにレンジで調理できるのは助かるし、ちょっとした野菜の下ゆでに鍋に湯を沸かさなくていいのがズボラ主婦とっては嬉しいです。
まぁ、すぐに飽きるとは思いますが、1600円の元は取れそうです(笑)。

と調理器具ばかりに頼って、料理の腕が全然上がらないのは情けない限りです。
スポンサーサイト