スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちくちく第2弾
2006年06月24日 (土) | 編集 |

ちくちく第1弾はコチラ

思いのほかにブックカバーが上手くできたことに気を良くして、身の程知らずの私、第2弾に突入(無謀)。
先日のブックカバーのために買った生地も残ってるしね。

この前からママ友の1人がスイミングや体操教室に素敵なルームシューズをはいているのがとても気になってたのよね。手作りだって言うので「私も作ってみたいな」とつぶやいたら「とっても簡単だから教えてあげる」ってことで、ご丁寧に型紙&作り方を書いてもらっちゃいましたわ。うれしー。

作り方は理論としてはとても簡単そうに思えたのよね。
こうやってこうするとホラ、こんな感じで縫い目も隠れちゃうし多少失敗しても大丈夫ってな感じで。ほーほーなるほどぉー。なんだか私でも出来そうだわぁ。

でも忘れてました。そのママ友は手縫い派の手芸のベテランさんだったのよ。

もらった型紙に沿って布をチョキチョキ。もうお分かりですね、縫い代の存在を忘れてますってば。
気がついたのはすべての裁断が終わった後(T_T)。ええい、このまま作ってしまえ。
もう後はひたすらにちくちく、ちくちく。
思ってたよりも300倍も難しいやんかーo(ToT;):アゥアゥアゥ
ひゃーもう細かい細かい。そして初心者には構造が難しすぎて脳内爆発。手縫いでちくちくっていうより1針表から裏へ、1針裏から表へってな感じの作業。

d0606242.jpg 製作3日目。何とか形になってきた。

d0606241.jpg 製作4日目。出来たどーーーっ!←鼻息荒い。

ルームシューズが出来たらなんだかちょっと地味だったので、残りのはぎれでミニサイズのヨーヨーキルトとやらを作ってつけてみた。&勢いに乗って、収納する袋も作ってみた。
写真でみるとそれなりの出来にみえるけど、針目はメチャクチャで実物はとても見せられたもんじゃない。教えてもらったからママ友には見せなきゃいけないケド、恥ずかしすぎるわ。

そして、縫い代をとらずに作ったため、超ミニサイズ(致命傷)。私が22cmの小足なのでなんとかギリギリ履けたからよかった。でもこれ以上ちょっとでも爪が伸びるとキツキツだわ。
d060624.jpg というわけでShakiに履かせてみた。こんなかんじ。


かなりの細かい作業の連続だったので「細かい作業がしたい病」はかなり治まってきた。あと、お財布と携帯だけを入れるミニ手提げだけは作りたいのよね。今回の製作でかなりのダメージを受けてるので、しばらくお休みかしら・・・。

そういえば、手元に届いたえんぴつで奥の細道手付かずですが、何か?
スポンサーサイト

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。