スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラジオ出演
2007年05月01日 (火) | 編集 |
表題の通り、私かこね、ラジオ出演を果たしましたよ。
ほーほほほほほほほ。(←有名人気取り)

といってもローカルのFM局の番組なんですけどね。誰も聞いてないって(汗)。
もう放送も終わったし、収録の様子などをツラツラと。

一応15分の番組。パーソナリティの方のインタビューに私が答えるって感じの番組です。そーよ、出演者は私1人なの。うふ。
転勤してきての印象やその頃の様子。土地に溶け込んで行くために努力した事。悩んだときの対処法と高齢出産のことなどを話すはずだったんだけど、話したいことの半分もしゃべれなかったわ。それでもガチガチに緊張していた私から話を引き出してくれたパーソナリティの方に感謝。すごいよね。

収録中に転勤して来て最初に辛かった事を思い出しただけで涙がこぼれてしまったわ(汗)。でも6年も住んでいると離れたくなくなるものね。もちろん福岡は恋しいし、田舎暮らしにはうんざりする事もあるけれど、鹿屋は思ったよりもずっといい土地だと思うわ。特に子育てするにはのんびりしていていいわ。
泣き暮らしていた日々を変えたのは、市主催の妊婦対象の母親学級に参加してMokoママとNatsumiママと友達になれたのがきっかけだったな。ひとり知り合いができれば、そこから交友関係も広がるもんで。地元のお友達が出来ればしめたもん。いろんなことを教わる事ができるし。
そうしているうちに子供が生まれ、大きくなり、習い事や幼稚園でまた交友関係が広がる。鹿屋に来た6年前には知ってる人は1人もいなかったのに、今では沢山の人に声をかけてもらえる。不思議だなぁ。
子育てや家庭の事で悩んだら、7トピ他のネットのお友達がついていてくれる。別に解決なんてしてもらわなくてもいい。ただ、書き込んで読んでもらえるだけで心が軽くなることも幾度もあった。

そうして沢山の人に支えられている自分がいる。

ってことを言いたかったのにー。今考えたら半分どころかほとんど話せなかったのが悔しいわ。

そして、放送で自分の声を聞いたら叫びたくなるぐらい恥ずかしかったわ。
ところどころに鹿児島訛りも入ってて、ホントに福岡から来た人?って感じだったよ。仕方ないじゃん、両親も鹿児島出身だし、職場も鹿児島弁はとびかってたし、今は回りがみんな鹿児島弁(笑)。鹿児島弁もうまくなるってもんよ。

人生最初で最後のラジオ出演。緊張して不本意な結果に終わったけど、収録も楽しかったし、いい記念になった。機会を作ってくれたRママ、ありがとうね。
スポンサーサイト

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。