スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友達関係
2007年12月22日 (土) | 編集 |
この1年を振り返る時期になったなぁと感じる年の瀬。

Shakiもこの1年で成長したもんだ。身長もぐんぐん伸び、去年着ていた110cmの服は全滅。120cmがジャストになった。モノによっては120cmも小さかったり。でも130cmの服はまだ巨大すぎ。差がありすぎるってば。125cmの服が欲しい今日このごろ。

そして何よりも成長したなと思うのが、友達関係。今年の春までは幼稚園に行ってもお友達と遊ぶよりは先生と遊んでいたりしたものだけど、この頃はクラスでも自分の居場所ができたみたいで、先生とはほとんど遊ばないらしい。集団生活にも慣れたってことかな?

しかし、一方、友達との力関係はまだまだ微妙なものがあるようだ。特に女の子はねぇ。
親としても子供にはいろんなタイプの子がいるんだなと思い知らされる。どの子も良い子なんだけど、イジワルを言う子、負け惜しみを言う子、嘘をつく子、知ったかぶりをする子などなど。でもまぁ未就学児のレベルでは大して差はなく、ほとんどが負けず嫌いと言うか、人より自分を優位に置こうという所に起因しているんだけどね。Shakiだって、悔しいときは負け惜しみをメチャクチャいうし人の話は聞かないし目を合わせないし(汗)。でもイジワルも負け惜しみも嘘も知ったかぶりも頭をフル回転しなくちゃ言えないことだわ。子供にとっては言われればショックかもしれないが、まだまだ大人から見れば大したことはない。せいぜい頭の体操をしてくれ給えって感じだわ。

でも、先日Shakiがお友達にゲンコツでガツンガツン頭を殴られてる場面に遭遇したときには正直動揺してしまった。自分を優位に置くために暴力を使うのか?と。子供にとってはそんな複雑な理由はなくフザケているだけなんだろうけど、自分の子が叩かれているのは切ないものだし、普段はやさしい子があんなに躊躇なく人を殴れるものかとビックリした。思わず「頭叩くのはやめて!バカになっちゃうから!」ととめたよ。後で考えればそのコメントはないだろう、もっとほかに言い様があっただろうと自己嫌悪に陥ったわ(涙)。

当のShakiはといえば、ニヤニヤと笑ってそんなに抵抗するわけでもない。叩かれた後も怒る風でもなく普通に遊んでいる。なんだか相手の子に対してというより、自分の子に対してイライラしてしまった。
後で痛くなかったのかと聞いてみたら「痛かった」と。で何でやめてといわなかったのかと聞けば「すぐやめると思ったから」。
まぁ、仲のいい友達なんだから、そう思ったのかもしれないが「痛い」「止めて」と言わなかったShakiにまたしてもイライラ。本人がいいって言ってるのを親が騒ぎ立てるのもどうかと思ったが「Shakiが何も言わなかったら、その子は人を叩いてもいいって勘違いしてしまうよ。だからShakiが叩かれたら痛いこと、人を叩いちゃいけないってことを○○ちゃんに教えてあげないと、他の子が叩かれて痛い思いをしちゃうよ。そんなことを他の子にしたら、○○ちゃんは皆から嫌われちゃうしさ」って言っておいた。でも、そんな言い方で良かったんだろうか?こんなときはなんと言うべきなんだろう?

一方Shakiは人を叩く子じゃないと思っていたけど、私が目の届かないところでふざけて人を叩いたりしてるんじゃないかしら?いやいや、悔しくても親の私さえ叩けずに自分の太ももを叩いてた子だから、お友達を叩いたりしてないよね・・・。そんな心配をしてみたり。

幼稚園のお友達関係でこんなにアタフタしてるなんて。
今後もっと友達関係は難しくなってくるだろうに、私、大丈夫か?
スポンサーサイト

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。