スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一学期総括
2008年07月18日 (金) | 編集 |
一学期の終了式。
お道具箱も学校に置いたままなんですってよ。ビックリ。持ち帰ったのは絵の具、色鉛筆、クレヨンってとこ。それも終了式前に計画的に持ち帰りさせてもらったので、手提げに通知表と上履きだけ入れて帰ってきた。
私達の頃は終業式の時は荷物が多くてヒーヒー持ち帰った記憶があるんだけど。といっても何年前の記憶よ(汗)。アサガオは一年生には重たすぎるという事で私が取りに行ったわ。

生まれてはじめての通知表「あゆみ」をもらってきたよ。
最近は通知表と言っても緊張感がないですな。細かな項目だし、「たいへんよい」と「よい」と「がんばろう」だけだもん。私達の頃の5段階評価ってシビアだったよね。だけど頑張り甲斐もあった気がする。といってもこれまた何年前の話よ(汗)。

Shakiのあゆみをみるかぎりは、まぁ、良く出来たほうじゃないかな?国語も算数も授業にはついていっているし、私の子とは思えないほど学習意欲はあるし(笑)。最初あんなに進まなかったチャレンジも、国語も算数もちゃんと追いついて添削も提出しているし、なんと夏休みにまとめてやらせようと思っていたひらがなと計算の「ばっちりドリル」も7月号まで終了させてしまった。ひとえにお勉強好きのお向かいのYちゃんのおかげだわ。

しかし問題は図工。それもお絵かき好きのShakiにしては屈辱の成績だったんじゃないかと思うわ。といっても本人は全く気にしてないが。
図画の授業中に絵がかけなくて泣きだして、先生にずいぶんご迷惑をかけていたのよね。
Shaki画伯はケロロは上手に描けても、普通のスケッチや友達の顔は描けなかったらしい。自由にのびのびと描けばいいのに、忠実に描こうという意識を持ちすぎてダメなんだってさ。それが出来ずにパニックを起こして泣いて結局描けずじまい。
あゆみにはそれがちゃんと反映されてたわ。

出来る自分をイメージし過ぎてダメなんだろうな。まぁ、そのうち何とかなるだろうケド。自分の実力がわかってそれなりに頑張ればそれでいいんだけど、目標を高く持つ事も大事だし、私もどういう風に導けばいいのか悩ましいわ。

お友達関係は、大きなトラブルもなく。やっとお友達の名前も出てくるようになったし、なんとか集団生活を過ごしているみたいだ。
ただ、外遊びは嫌い。インドア派です。私に似ましたな(汗)。
相変らず、男の子と遊んでることが多いみたい。女の子はオマセさんなのでShakiはついてイケないのかもしれないな。それでも仲良しができたことはいいことだ。

そんな感じの一学期の小学校生活。
そして、明日からShakiが待ちに待った夏休み。
そして、私が恐れていた夏休み。ああ、憂鬱。とりあえず、真っ先に福岡の実家に帰省します。去年もそうだったけど、最初の一週間を乗り切れば何とかなると思うから。

終了式のお昼ご飯は、さっそくそうめんでしたが、何か?
スポンサーサイト

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。