スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学級レクレーション&再会
2008年10月18日 (土) | 編集 |
クラスの親睦を図るためのレクレーションの日だった。
場所は少年自然の森みたいなところ。Shakiが幼稚園の年長の夏のお泊まり保育の場所だった。
なのでShakiは2回目、私は初めて。

小学校の校門前に集合し、みんなで送迎バスに乗って行く。もちろん現地集合の方も。
クラスの3分の2ぐらいが参加かな。お父さんも3人ほど来てたわ。もちろん兄弟も。なので結構大所帯だったよ。

まずはシャボン玉作り。忘れないように書きとめておかなきゃ。
シャボン液は台所用洗剤と洗濯糊と水を同量でつくり、浅いトレイに入れる。
針金でワッカをと持ち手をつくり、シャボン液を含みやすいように毛糸を針金に巻く。そんなに丁寧に巻かなくても全然OK。
これだけで大きなシャボン玉が出来る。結構簡単じゃん。おうちでも遊べるかな。
肝心のシャボン玉はみんな最初はなかなか上手に出来なかった。ワッカを振る速度が速すぎたり遅すぎたり。ふわっと吹いていた風の方が綺麗に大きなシャボン玉が出来るから、風の強い日推奨(笑)。

そのあとはスライム作り。
これまた洗濯糊を紙コップの半量ほど。それに色水を1cmぐらい。そしてホウ砂の水溶液(濃度は不明)を入れ、後はひたすら混ぜる。するとスライムの出来上がり~。Shakiは一回失敗して2度目に成功したよ。
d081018.jpg 大満足♪

でも、これは絶対家ではしない。作ったスライムでさえ家には持ち込みたくないわ。そのうち粉々になって床にベタベタ張り付くのは目に見えているからね。

そんなふうに遊んだあとは皆でバイキングランチ。
子供達は子供達で、親と先生はゆったりと別のテーブルで語りながら食べました。
私は先生と男の子のお母さん方4人と座っちゃって、男の子の生態を聞きながら、食事。どうやら寄り道常習犯の3人。今週もどこかで見回りの先生に捕獲されたらしいわ。人のおうちでトイレを借りてたりして(笑)。Shakiには絶対できないことのオンパレード。話を聞く分には面白いけど、我が子がそんなことしてたら心配でどうしようもないわ、きっと。
先生もかなりきつく注意したらしい。そしたら、お母さん方は「泣くまで叱ってください。それでも効き目があるかどうか怪しい。」って(笑)。彼らはきっと大物になると思うわ。

そうそう、同じクラスの女の子のお母さんに声をかけられて、どちら様かと思ったらお産仲間だったわ。私がShakiを産んだ次の日に出産されて、同時期に入院していたお母さんだったの。
私の事を良く覚えていてくださって。
えぇ、メガネかけて髪の毛ザンバラで今にも倒れそうな青白い顔して、夜な夜な「おっぱいが張って痛い~。」と訴えていた私を・・・。人生で一番酷い産後の姿をシッカリと覚えてられていた。私自身は記憶の奥底にしまい込んでいたのに。いやぁっ。忘れてーーー。

たしかにすっかり忘れていたけれど、一旦思い出すといろんな事を思い出した。その人とは検診でも結構しゃべってたし、入院中には連絡先も交換して退院後遊ぶ約束もしていたんだけど、1ヶ月検診で会って以来会えずじまい。私も産後3ヶ月ほどは体調的にも精神的にも余裕がなかったしなぁ。そうしているうちに連絡しづらくなってしまいそのままになっていたんだった。
彼女も遊びに行こうと思いつつも、旦那さんの転勤で引っ越してしまい、会う事が出来なくなったと言ってた。そしてこの春7年ぶりに戻ってきたらしい。小学校の入学式で私を見て「違うかな?」とずっと声をかけたかったらしいけど、私が全く覚えていないみたいだったのでなかなか声をかけられなかったそうだ。ホントゴメンナサイィィィ~。

思いがけない再会は嬉しかった。あのとき新生児室で並んで寝ていた赤ちゃん2人が小学校で同じクラスになるなんて。夜中の授乳室で色々と話をしたお母さんと再び会えるなんて。ご縁を感じるわ。こんどこそ、ちゃんと遊びに来てもらおう。

そんなこともあり、親睦を深めると言う意味では最高の一日だったかな。
スポンサーサイト

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。