スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

布ナプ自作
2008年10月21日 (火) | 編集 |
先日の交通事故のあと、首と肩に痛みがでて頭痛がしてきたので、結局人身事故扱いになりました。いろいろ書きたい事もあるんだけど、すべてが終わってから書こうかなーと思ってます。

というわけで先週はソーイングはお休みしてた。今週からはリハビリに通い始めたのでボチボチソーイングも再開しようかなと思ってたら、あら、思っていたよりずいぶん早く月の使者がおいでになりましてよ。というわけで、取り急ぎ布ナプを作りました。

モノがモノだけに、一旦たたみます。


ひそかに布ナプを愛用中の私。
今、持ってるのは

Sckoon(スクーン)布ナプキン オーガニックコットン デイサイズ クリサンチーム
d081021_8.jpg
フェリシモのNanoka 普通の日用

布ナプを愛用してるといっても、お出かけの時は普通の紙ナプだし、別に何かこだわりがあるわけではないのよね。でもお風呂上りのナプキンは布ナプで。そしてピークを過ぎたらやっぱり布ナプで。肌触りが好きなので。

でも、これらの布ナプ、結構使い込まれてかなりくたびれてきた。それにスクーン2枚とnanoka1枚じゃ、ローテーションきつすぎ。
でもあらたに買い足すには出費だなー。布ナプってお高いんですもの。
ならば作っちゃえーってことで、前々から考えていた自分の使い易い理想の布ナプ作成に着手!

スクーンはフォルダーの形は下着にフィットして好きなんだけどズボラな私はフォルダーにセットするタイプは嫌い。できれば、普通の紙ナプキンみたいに1回トイレに行くたびに全部新しいのに換えたい。
フェリシモのは肌に当てる部分の構造や形はとても好きなんだけど、下着に固定する部分がイマイチシックリ来ない。
というわけで、この2つのいいところを折衷したモノを作る事に。お裁縫の技術がないので私の作れる範囲でね。←たかがしれてる。

まず、型紙。
d081021.jpg
スクーンを基本になるべく凹凸を少なく。そして肌に吸収する部分の型紙も作った。真ん中部分を心持ちシェイプしてみた。

布を裁断。
d081021_1.jpg
肌に直接当たる部分はフランネル。下着側はフライスニット。吸収体はネルと古い薄手のタオルとフライスニットの3枚仕立て。全部で5枚重ねで作ってみます。今回はWさんお勧めの傘生地は使わなかったわ。

縫います。
d081021_2.jpg
吸収する部分となる3枚を重ねてミシンの一番大きな目であらく回りを仮縫い。そしてそれを肌に当たる部分のネルと重ねて普通のミシン目でステッチを3本入れる。フェリシモの布ナプのステッチが気に入ってるのでパクリました(笑)。
追記:ステッチの部分を伝って漏れる可能性があるかも。ステッチはしないか、するときは肌に当たる方の数枚だけにし、その下にステッチをかけない吸収体を数枚おいた方がいいかもしれません。

さらに縫い進めます。
d081021_3.jpg
下着側になるニットを合わせ回りをミシンの大きな目で仮縫い。吸収する部分がはみ出るようだったらハサミで切っちゃって回りのラインを揃える。←超適当。

回りをバイアス処理します。
d081021_4.jpg
バイアスは市販のものガーゼ素材で肌に優しそうだったので購入。バイヤスの付け方はキチンと付けたほうが良いに決まってるけど、私のようにヤッツケで付けても別に問題はないと思う。多分。
私は持っていないけどロックミシンがあるなら回りをロックミシンで仕上げたらボリューム押え目で嵩張らなくていいかもね。

d081021_5.jpg 出来ました。ベージュが肌に当たるほう。パープルが下着側。

ホックを付けます。
d081021_6.jpg d081021_7.jpg
リングスナップというホックを今回初めて使ったけど、ラクチンね。思い切ってかなづちでたたかないといけないけど、チマチマ縫い付けるよりは全然手間に感じないわ。アメリカンスナップは布と色を合わせたりしないといけないけど、リングスナップはその必要がないかなと思って選んでみた。
このスナップで下着に固定するのにもヨシ、使用後お持ち帰りのときは汚れた部分を見えないようにまとめるにもヨシ。

さっそく使用してみましたが、なかなか良い感じです。形としては私の理想かな。
ピークを過ぎてからの使用&こまめに交換できる環境での使用を想定してつくってるので、漏れ対策は万全ではないっす。出来上がった感じも薄めで物足りないので吸収する部分の厚さや材質をもう少し考えたほうがいいかもしれない。
とりあえず、今回の試作品も現役選手として活躍してもらいましょう。

参考になったかしら?って参考にしてくれる人がいるかしら(汗)。
布ナプって良く見れば単純な構造なので、自分のニーズにあったものを自作するのをお勧めしますわ。もちろん市販の布ナプも可愛らしい柄がいっぱいだし、自作するには技術が伴わない形のもあるから買う楽しみも満たしてくださいな。もちろん、布ナプにこだわりすぎずに紙ナプも併用しながらブルーになりがちな時期を楽しく快適に過ごせますように♪

今回の材料
 
 

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。