スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

布ナプ自作②
2008年10月22日 (水) | 編集 |
昨日、自分なりに作った布ナプ。やっぱりちょっと薄かったようだ。
というわけで、今日はもう少し厚手の布ナプ作成に着手。
首が痛いんだけど、やりはじめると納得が行くまでやりたいんだもの。

というわけで本日もたたみます。
d081022_3.jpg
昨日の布ナプの反省点。
まず薄い事。確かにネル2枚、温泉でもらうような薄手のタオル1枚にフライスニット2枚じゃねぇ。
私のもっているスクーンはシンプルなパットを三つ折りにするのでそれだけでネル3枚にニット3枚。それにホルダーの分が薄手だけど2枚分だもの。
それにステッチをかけた部分から染みて漏れそうだった。昨日の作り方ではもしそうなってしまった場合の最後の砦がフライスニット1枚じゃ、アウトだろ。

昨日作ったのは、ブルーデイの終わりがけに使ったり、ライナー的に使ったりするには充分なのでその時期に使うとして、次は普通の日に使える物を。

というわけで裁断。
d081022.jpg d081022_1.jpg
形は非常に気に入ったので型紙を厚紙に写した。そして最近手に入れた秘密兵器(というほどのものでもないが)カッターでサクサクと裁断。これ、はさみ使うよりすごく良い♪
今回は下着側になる生地は、以前購入した和柄のハギレセットから2柄選んでみた。素材は綿。

d081022_2.jpg
そして傘生地登場。傘からはずして綺麗に洗ってみた。この手の生地を使うことに関してはムレとか気になるわけだけど、私の日常生活では長時間の使用しなくてはならない事態にはならないと判断。今回は使うことにしてみた。

ステッチをかけます。
d081022_3.jpg
ステッチだけははずせなかったのよ。これがある事によってフィット感が違うような気がしてるので。なので肌側のネル+ネル1枚+タオル生地だけにステッチをいれた。タオル生地も今回はスポーツタオルでちょっとシッカリ目のものを使用(でも使い古し^^;)。生地の厚みを考えて一回り小さく裁断してみた。
これにさらにネル2枚+コットン1枚+傘生地1枚をかさね、一番下着側のコットン1枚。
今回はズボラして、吸収体をまとめる仮縫いを省き、ステッチした写真のブツの上に生地を重ねて一気にミシンで仮縫い。

バイヤスでくるみます。
d081022_4.jpg
今回は↑でズボラしたのでちょっと丁寧にバイヤスを付けてみた。修行修行(笑)。

リングスナップを付けて出来上がり。
d081022_5.jpg
今回はちょっと安心できる厚さかな?ネルだけ6枚重ねようかとも思ったけど、それはまた次の機会に試してみよう。

早速使って感想を述べたかったところだけど、作った布ナプの吸収力を実験する時期は過ぎてしまった。とりあえず使うけど、この吸収体で充分かどうかは来月を待たないとわかりませんわ。

私が自分が使い易い形のを模索した結果、こんな感じの布ナプになったんだけど、これってウィムーンの布ナプと似てるね。

Wemoon (ウィムーン) スリムタイプ Mサイズ ペイズリー
大きさ的にはSサイズの方が近いかな。私のは長さが19cmぐらい、装着時の横幅が6cmぐらいなので。買えば1680円だって。もちろん、ウィムーンの方が性能はいいのは当然だろうけど、私の作ったのもそれなりに良い感じなのでは?と自画自賛してます(笑)。

今回の道具&材料
  

<覚書>ガーゼバイアスは2.5m。今回4つ作って残りが40cmだった。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。