FC2ブログ
嬉しい悲鳴
2006年03月27日 (月) | 編集 |
ひさしぶりに義両親から電話があった。年末年始に崩していた体調も万全に近いとのことで「遊びにいらっしゃい」とラブコール。
もちろん行きますとも!義母がちょっとウツはいってたみたいなので、こういう場合なんて声を掛ければ良いかわからず、電話も掛けず放置だったのよね(気が効かない嫁なんで)。気にはなってたんだけど。ご無沙汰のお詫びも兼ねて「喜んで!」と即答したわ。

しかし、それはハードな一日だった。

朝9時過ぎのフェリーに乗り、10時に鹿児島につく。
電話の話だと「Shakiちゃんにお洋服を買ってあげたくて♪」ってことだったのでデパートに行って、どこかでお食事して、Shakiがジジババの家が大好きなのでおうちにお邪魔してって感じかな?って思ってたら、いきなり「動物園に行こう」と連れて行かれました(笑)。そんなアウトドアな活動を予想だにしなかったので私もShakiも帽子持って来てなくて春先の強烈な紫外線浴びまくりなんですけど。
d0603271.jpg お花がいっぱい。お天気もポカポカ。
d0603271.jpg 桜も満開で雲ひとつない青空。とっても気持ちが良かった。

Shakiも久しぶりの動物園でとても喜んでいた。ライオンやペンギン、コアラなどいろんな動物を観察しては感想を述べていたので、これは強烈に脳にインプットされたな~って私も嬉しく思ってた。
しかし、最後に象の脱糞で今までの脳内ファイルがすべて上書き保存。
動物園=象さんのウンチ(お約束ですな)
お食事中に動物園の話は厳禁ということになってしまったわ。
d0603272.jpg これがShakiの心をつかんだゾウ。


その後、川辺の岩屋公園という所に花見に行こうということで(え?)途中のおそば屋さんで昼食。えーと鹿屋にもあるチェーン店ですが(泣)。最初の話では市内のホテルでお食事♪って話だったのに。普段注文しないお高い御膳をおご馳走になったから、ま、いいか。←現金な嫁。
Shakiは板蕎麦なんてオーダーして、イッチョマエにお箸で麺をすくい、つゆにどっぷりとつけてチュルチュル食べてたのに軽く感動を覚えたわ。

お食事の時に今からのスケジュールを確認したら、岩屋公園花見→アミュプラザの紀伊国屋で絵本を購入→山形屋デパートでShakiのお洋服購入→自宅だと聞き、ビックリ。この時点でもう1時過ぎなんですけど。
あまりに超過密スケジュールなので、話し合いの上、動物園でキレイな桜を鑑賞できたので岩屋公園での花見は割愛しますた。

で、アミュプラザへ。お義父さんはどうしてもShakiに本を買ってあげたかったらしい。でも、紀伊国屋についた途端、「私は碁の本をちょっと見てきますから」ってアナタ。聞いたわけじゃないけど絶対B型にちがいない。
たくさんの絵本の中から2冊をShakiと私で選びました。
そしたら、帰ってきた義父、Shakiが知育関係のコーナーで時計の本を見てたら「Shakiちゃんは時計に興味があるのか」と1冊追加。ありがたいんですが、絵本3冊でかなり荷物になるんだけど。
そしてとどめに「ことばじてん」@これまでに選んだ絵本3冊より重いを追加。
このヘビーな荷物をもって鹿屋まで帰れとおっしゃるのか。
最近、絵本を買うのを控えていたのでとても嬉しいのは嬉しいんですけどね。

アミュプラザの1階には私の大好きな子供服ブランドのKPが入ってるので、Shakiのお洋服はそこで買ってもらってもいいな♪なんて心の中では思ってたんだけど、そういう選択肢は全くなし(涙)。と、いうのも義母はもう下見を済ませてるらしい。というわけで、今度はデパートへ移動。
お義母さんのお目あてのお店は「コムサデモード」でした。わーい。
コムサイズムには大変お世話になってますが、モードは足を踏み入れたことないし(汗)。
ただ、ここのモノトーンのお洋服をShakiが気に入るかどうかが心配。
しかし、さすがにラブベリ効果か、私が「ラッキーカラーは黒だよって感じだね」って一言いうと、ノリノリでお洋服を選び始めた。まー、義母が選んでいたお洋服はすべて却下してましたけど(滝汗)。
カットソーとスカートと運動靴(←あえてこの表現)を買ってもらいました。お義母さん、まったく値札見てませんが(驚)。
私もチラ見したけど、高価すぎてそれ以上見られませんでした(←貧乏人)。

やっとこさ、お買物も終了し、Shakiが楽しみにしていたジジババのおうちへ。この時点でもう午後5時ですよ(疲)。
お茶を頂いて、ちょっとおしゃべりをして、あっという間にお暇の時間。これから40分フェリーに乗ってさらに車で40分の道のりを帰らねばなりませんからー。
ありがたいことに、ココでもお土産タプ~リ。
義兄がShakiに買ってくれていたパンダのぬいぐるみ他オモチャいろいろ。そして義母特製の筍の煮物、栗きんとん、小エビの佃煮。あぅ。
ありがたい。本当に嬉しいんです。特に義母の料理はとても美味しいので感謝感激なのです。
しかし、絵本4冊にこのお重とおもちゃを、持って帰るのはすごく大変。フェリーの乗降の間だけなんだけど私の指はちぎれそうだったわ。

こんなハードな一日だったけど、義両親もとても嬉しそうだったし、Shakiも本当に楽しそうだった。
みんなシアワセってことで良い一日でした♪
スポンサーサイト




トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック