スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愚痴です。
2009年06月26日 (金) | 編集 |
誕生日にはここまで元気に育ってくれてそれだけでいいと思ったことは事実ですし、本当にそれはシアワセなことなんですが、最近は自分の子供にはがっかりさせられたりイライラさせられたり。特に小学2年生になってから、そんな毎日が続いています。
ここからは思いっきりグダグダ愚痴ですよ。
不快に思う方も多いかと思うのでたたみます。


ここ南国では6月に入ってすぐに水泳の授業が始まり夏休み前に水泳大会の参観があったら水泳の授業は終了です。まぁ7月~9月の本格的な夏に外のプールで授業でもしようなら先生方も生徒も倒れてしまうでしょうからねー。

で7月1日に水泳大会の参観があります。
1年生は水遊びONLYでしたが、2年生は泳力に応じ、13mの水中かけっこ、ビート板競争、自由形競争の競技もあります。

こういっちゃ何ですが、娘は2歳からプールに入ってますからね、イマイチ上達は遅いものの、とりあえずクロールと背泳ぎで25mは泳げるんですよ。それも私より早いタイムで。
だから、競技はもちろん自由形だと思ったのに・・・・
本人希望により水中かけっこに出場ですってよorz。

よくいえば、自分の能力を誇示することない、控えめな子、ということになるのでしょうが、
大人の世界ならそれは美徳として賞賛されることなのでしょうが、
ここで誇示しなくてどうする?

娘はなんだかすぐにからかいの対象になるんですよ。毎日男の子にからかわれては泣いているようです。その男の子は成績も良く、しっかりモノで実に小賢しい賢いお子さんらしいです。意地悪で乱暴モノですけどね(怒)。
そんなヤツに堂々と自分の得意なことを見せ付けてやろうって気概はないんでしょうか?
娘によれば「その子より自分のほうが泳げる」というのだから最大のチャンスだと思うのに。

娘はそういうところがあるんですよね。
自分より出来る子をみて頑張ってみる。とか
出来ない自分が嫌だから頑張ってみる。とか
そういう努力をしない子です。

自分より出来ない子がいるからまあいいや。とか
頑張らなくてもいいなら頑張らない。とか
向上心がイマイチな気がします。

だからたとえ25m泳げても楽な水中かけっこでいいやという選択になるわけです。

そんなヌルイところが、しっかりしたお子さんからすれば、イライラするというかむかつくというか。
それでからかいのターゲットになっているんじゃないかななんて心配しているところです。

ま、実際親である私が一番イラつき、むかついているんですけどね(怒)

ひとつでも得意なことがあれば自信がつくだろう。私が泳げないことにコンプレックスがあったのでそういう気持ちを味あわせたくない。
そんな思いで通わせたスイミングスクール代5年分を返してくれって気分です。
なんだか自分の子が頑張らない水泳大会なんて見に行きたくないです。



と、ここまで感情のままに書きなぐってみましたが、結局はこんなの
親のエゴ
として一蹴されるんでしょうね。
そうですね、本当のところ、水泳大会で他の子より上手に泳ぐ娘を誇らしく思いたいだけなのかも。他のお母さん方に自慢したいだけなのかも。泳げなかった自分の子供時代には決して感じることが出来なかった優越感とやらを娘によって体感しただけなのかも。

そうですね。
確かに、娘にとっては別に人にどう思われたいとか全く気にならないことなんでしょうね。
泳ぐこともスイミングスクールで一生懸命頑張っているんだから、わざわざ学校でまで全力を尽くさなくていもいのかもしれません。実際小学2年生のプールの授業なんて水遊びなんだから。

向上心がないのも、のんびりと穏やかな性格と捉えればそれはそれでいいのかも。
頑張る気持ちがないのに頑張らせるのもどうかと思うし、今、頑張らずに娘がこの先苦労しようと、それは娘の問題であって、親が先回りしてやきもきすることはないのかもしれない。

それに・・・
自分の子供時代はどうだったか?といわれればそれまで。
低学年の記憶はないが、たぶん親をイライラさせる、どんくさい子供だっただろうな。
そんな私の子だもの、聞き分けのいい、努力家の立派な子供のはずないし(汗)。
自分の親がした苦労を、自分が今しているのかもしれないよね。

そんなこんなで複雑な思いを抱えながら水泳大会を迎えそうです。


本当は今回のこの件以外にも2年生のクラスでは気になることがいっぱいあるんだよね。毎日その対応でイライラ、どうかなりそう。学校っていうのはいろんな子が集まっていて、いろんな考えの親御さんがいて、そりゃもう幼稚園時代までとくらべれば、自分の常識が通用しないところだなと。温室育ちの娘もかなりのストレスを抱えてる。親である私も。
子供ってのはまずは学校という小さな社会でもまれ、挫折感や達成感を経験しながら子供自身で成長していかなくてはならないのだろうけど、小学2年生にはあまりにハードじゃないかなという毎日だよ。親は見守るしかないのか?いやいやモンスターペアレントとか過保護だとか言われても学校に訴えていくべきなのか?
はぁぁ、親としての経験地が低い私でも進むしかないです。

親が子供にしてやれることって本当はあまりないのかもしれない。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。