FC2ブログ
個人面談
2006年04月17日 (月) | 編集 |
週明けの朝、通常通りShakiを幼稚園バスに乗せる。なんだか幼稚園児の母なんだなぁ、私。今頃しみじみしてみたり。
Shakiがいない家はいままで昼前までつけっぱなしの教育TVもついてないし、私もしゃべる相手がいるわけでもなくなんだかシーンと静まり返ってる。そして狭い家でさえ幼児1名いないだけでガランとして少々寂しい。
だからといって、涙することなく、今までにない情熱で家事にいそしむ。だってShakiがいないと掃除だってなんだって倍速で出来ちゃうんだもん。気持ちが良いくらいだわー。お部屋だってぴかぴかに掃除しちゃうんだもーん(←いつまで続くことやら)。
今週も午前保育なので、Shakiはあっという間に帰ってくる。

さて、本日は個人面談でつ。お昼を食べてスイミングに行ってお約束の4時半に幼稚園へ出向く。ここらへんの幼稚園は家庭訪問があると聞いていたのでドキドキしてたけど、ウチの幼稚園はないと聞いてホッとしてる。だって、みんな先生訪問前のお家の片付け&掃除が大変って言ってたもん。

担任の先生@23歳&今年3年目とサシでお話です。
とはいえ、幼稚園は始まったばっかり。とりあえず先生からは幼稚園での様子の報告があり、私からはShakiの性格、団体生活への心配事や健康上の留意点などの確認。
Shakiの報告では全く幼稚園生活が見えてこなかったが、先生の報告では今の所問題なく過ごしてるらしい。幼稚園に着いたらまず、同じクラスの仲良しのアイちゃん@心の支え(笑)を探し、所在を確認すれば「お仕事」で遊ぶ。わからないことは何でも先生に質問できているようで、先生も助かるとの事。絵なども描いて先生に見せてるらしく、先生は「Shakiちゃんは絵がとても上手」と褒めてくださった。この時期、園児も自分のことでいっぱいいっぱいみたいなので、お友達とのかかわりは今後いろいろと経験することになるようだ。

終始和やかな雰囲気で終了。

でも、今回の個人面談で、私が感じたこと。
先生@23歳の肌が美しい・・・。色が白くキメが細かい。シミひとつない肌。
話をしながらも先生の美しい肌に視線は釘付け。

私は若い頃、顔の作りやスタイルは1度もほめられたことはないが、「肌のきれいさ」だけは誉められてたのだ。自分で自覚することなく過ごしていたけど。
そして実感する間もなく、今ではみる影もなく・・・以下略(涙)。
私がハタチ前後はこんなにきれいな肌をしていたんだろうか?
失ったものの大きさを思い知った個人面談でした(T_T)(違)
やっぱり若いっていいなぁ・・・。
スポンサーサイト




トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック