スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルバーウィーク
2009年09月23日 (水) | 編集 |
世間はシルバーウィークとやらいう連休で浮かれていたようですが
我が家には全く関係のない日々でした。
ま、旦那の会社や娘の学校がないから朝バタバタしなくて済んだけれど。
といっても旦那は連日お仕事ですけど。

結局は引っ越し作業は私1人で着々と・・・進むわけではなく
引っ越し作業以前の捨て作業がまだまだ延々と続いております。

1人で作業を続ける私も煮詰まってくるが、
放置されてしまう娘も、最初は録画したアニメをみたりドラクエをプレイしたりして楽しんでいるものの、そのうち何もすることがなくなりただただグータラゴロゴロしているばかり。
不憫だ。

そんなことを見こしたHちゃんママたちが夕方の公園に誘ってくれたわ。
幼稚園の同窓生なので子供たちも公園でひとしきり遊び、
親もお茶を飲みながらおしゃべりでくつろぐ。

娘も久しぶりの幼稚園の仲良し集合でテンションUP。
本当に楽しそうだ。しかし、これが実質幼稚園仲間とのお別れ会だなぁ。

d090921.jpg 左から2番目が娘。

子供たちも皆仲がいいが、親同士も気が合い、よく夏合宿とかに遊びに誘ってもらったよなぁ。幼稚園ママは上にお子さんがいたりして意外と歳が近いお母さんたちも多かったし、若くても落ち着いた人が多かったので私のような高齢ママでもあまり浮かずに済んだよ(と思っているのは私だけだったりして^_^;)。

親も子もストレス発散の公園遊びだったわ。


最終日はクラスの女の子から朝7時半に電話。起きたばっかだし。
「今日あそべる~?」ってさ。
小学校2年生になっても、娘がお友達と遊ぶにはいつも親掛かり。結局仲がいい家庭同士で行ったりきたりして遊んでいるだけだったのよ。そのほうが、相手のおウチ事情もわかっているし、お子さんもどんなタイプの子かわかっているから安心して遊ばせられるという利点があるのよね。
でも、そろそろクラスの子と子供なりに約束してきて遊ぶ時期かもしれないよね。

まぁ、そのKちゃんは、ちゃんとアポを取ってくるし、お母さんも何度かお話した事があるので、10時に遊びに行くと約束して遊んでもらいました。ひとりでKちゃんの家に行かせるのは心配だったけど、娘本人も大丈夫だというので行かせてみました。
お昼には帰って来るように言っていたら、お昼前に電話。娘からでお昼ご飯を食べたあとも遊んでいいか?というお伺いだった。
うーん、初めてのお宅だしどうしようと思っていたらお母さんが電話口にでて、「もし良かったら午後も一緒に遊んでください。お引越しの準備も忙しいでしょう?」と言ってくださったのでお言葉に甘える事にした。電話のむこうで娘が「お昼はママとマックに行く約束しているから~」と言っていたのがしっかり聞こえて恥ずかしかったわ。

午後も遊びに出かけた娘。Kちゃんママは3時ごろにお仕事に出かけるとの事だったので、その頃からはお外で遊びなさいと行って送り出した。なんとなく親がいない家の中で遊ばせるのは嫌だったから。

そしたら、3時ごろ帰ってきた・・・。
Kちゃんと知らない男の子2人連れてorz。
どうやらKちゃんママが出かけるときに一緒に家を出て、そのままスーパーでオヤツを買ったらしい。もちろん娘にはお金を持たせていないので、娘は皆が買いものをするのをみていただけだけど。
で、そのオヤツをどこで食べようって話になって、一番近いうちに来ちゃったってわけ。
普通ならいいんだけど、引っ越し作業で家の中メチャクチャなんだけど。いくら子供にでもこの状態は見せたくないって程度に散らかっていたけど、まぁ仕方がない。玄関先に小さなテーブルをだして食べさせたわよ。
こんなきったない家なのにみんなして「すごーい!きれー!」って、どういうこと!?
まぁ2階建てってのが魅力だったみたいだけど。

30分ぐらいオヤツを食べさせて皆さん帰らせましたわ。娘と買い物もあったし。
せっかく来たのに悪いなーとも思ったけど、子供に気を遣ってもしょうがないしね。
キッパリ、「今から用事があるから帰ってね」とお断り。
でもみんな「お邪魔しました~。ありがとうございました~」ときちんと挨拶をして帰りました。偉いわ。我が子にそんな礼儀が備わっているかすごく心配になったよ。

でもまぁ、Kちゃんが誘ってくれたので娘も退屈なシルバーウィークの最終日に楽しい思い出が出来たわ。転校前にクラスのお友達とプライベートで遊べたのも良かったな。
こうやって親の知らない子供だけの人間関係ってのも築かれていくんだろうな。Kちゃんみたいないいお友達ならいいけど、中には困ったお子さんもいるからねぇ。娘にも人を見る目を養ってもらわないとね。でも親が簡単に口出し出来ることではないだろうから・・・。



そんな感じで過ごしたシルバーウィークには、捨て作業も佳境に入ってきた。
捨てる快感っていうの?なんか無駄なものを手放す楽しさがわかってきた気がする(気のせい)。なんだか贅肉をスッキリ落としてダイエットに成功するってこんな感じかしら。

捨てると言っても使える物は人に譲ってます。
絵本もお気に入りを残して(残しても30冊近くあるけど)あげました。
音楽教室のレパートリーブックやソルフェージュやDVDもあげました。
たくさん遊んだおもちゃたちはお友達の妹、弟へと譲りました。
リサイクル店に二束三文で売るぐらいなら知っている人のところで遊んでもらったほうがいいもんね。
おもちゃはお気に入りだったロディやトーマス、ファーストレゴも手放した。
さすがにもう遊ばないし、今度はマンションの2階だからロディで跳ね回るわけにもいかない。
  
ジジババに買って貰った思い出深いものだけど、家で押入れにしまわれっぱなしよりはいいかな。
さすがにジジババが買ってくれたおもちゃは質がいいので、譲った相手の方も大喜びしていたわ♪たくさん遊ばせてもらったうえに、譲ってあげた相手にすごく喜んで貰えるなんて嬉しい。
ジジババ、良いオモチャをありがとうね。
スポンサーサイト

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。