スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初SS
2009年11月02日 (月) | 編集 |
娘は北関東に来て初めてのスイミングレッスンに行きましたよ。

急に冷え込んで冷たい風が吹く日が記念すべき初日。南国の冬の一番寒い日ぐらいに感じられたわ。寒さというか、コレが噂に聞く「からっ風」ってやつですかね?身を切るような冷たい風でしたよ。

受付でスクール指定の水着やバッグを購入して、係りの人に更衣室に案内されるまで娘は怖がってベソをかいてましたわ。まぁ誰でも初めての所に飛び込むのは勇気の要ることだわね。でも、その1歩がなければ次にすすめないわけで。「あなただったら大丈夫。前のスイミングスクールでも頑張れたじゃないの!」と励ましつつ、心を鬼にして更衣室に押し込みましたわ。

そんなに嫌がっていたのに、いざプールに入ったらものすごく楽しそうにしていました。
初めてなので泳力をテストされてましたわ。1ヶ月のブランクでこんなに泳げなくなっているののなのかとガックリでしたよ。まぁゴーグルを忘れたというのもあるけどね。

というわけで、以前のスクールのレベルでいえば2段階ほど下のクラスからのスタートになりました。コーチの所見では平泳ぎとバタフライのキックの出来は上々だけど、クロールの息継ぎ、腕回しと背泳ぎの全体的な姿勢に問題があるようでした。
新しいスクールでやっていくには、基礎に立ち返り、そのスクールの進級レベルをクリアしてからの方が後々のために良いと思うので、ここは焦らずに下のクラスからみっちり教えていただこうと思いましたわ。
娘にも、たぶんずいぶん下のクラスからのスタートになるだろうとは話していたし、まぁ娘自体そういうことは気にしないというか、向上心が薄いので級をおとされた事を悔しいと思うこともなく、ちょっと楽になってラッキーぐらいの感覚でしたわ。

一通りのレッスンが終わって着替えて出てきた娘は「楽しかった♪」を連発。さっきまで怖がってベソをかいていた人とは思えなかったよ。コーチもとてもやさしくて面白かったみたいで、良かった良かった。私も終了後お話させてもらいましたが安心してお任せできるコーチでした。これで無事スイミングは再開できたなー。

そうそう、気になっていた例の偉そうな腕組みおじさんコーチはどうやら選手コースというか毎日通っている上手な子たちのコーチだったようです。子供たちはある程度、というかかなりのレベルで泳げる子たちばかりなので腕組みして口で指示するだけでいいんですね。最初見たときは感じ悪く思ったんですが、納得でした。誤解していて申し訳なかったです。

さてさて、次は私のスイミングですねー(汗)。
ココのスクールの大人のクラスもあるんですが、人数が多いのと練習内容のレベルが高いのにビビッて入会するのは保留してしまったわ。娘にはあんなに励ましたくせに、自分は・・・(恥)。この冬は様子を見て暖かくなったら再検討することにします・・・。多分。
スポンサーサイト

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。