スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうする?エレクトーン。
2009年11月21日 (土) | 編集 |
懸案のエレクトーンですよ。
ものすごーく葛藤しています。
頭の中を整理するために文章にしているだけのグダグダな内容なのでタタミマス。
読まないほうがいいかも?と思いながら背中を押して欲しい気持ちもあったりする(汗)。


エレクトーンって迫害されている気がするのは私だけでしょうか。
ピアノなら音楽の基本だし、きっちり身に付けば教養として認められる。
それに何かと発表の機会はある。合唱コンクールの伴奏だとか。
でもエレクトーンはどう?
ネットでの評判もボロクソです(泣)。
エレクトーンに将来性は無いとか書かれている。
ヤ○ハの戦略に騙されているだけだとか。
あんな耳障りな電子音を音楽とは言わないとか、1人オーケストラで自己陶酔に浸っているだとか。
私自身はエレクトーンってすごいなーと思うし、奏者もすごいなーと思う。
両手両足を駆使して迫力ある音楽を奏でるわけだし。
でも、学校などにピアノはあってもエレクトーンってないよね。
エレクトーンの演奏って機械操作だから、エレクトーンで演奏する曲はいいけど、ピアノや他の鍵盤楽器で演奏できないしなぁ。弾けたって発表する機会はほとんど無いってことよね。エレクトーン奏者の演奏を聞く機会もヤ○ハ主催のコンサート以外あまりないし。
やっぱり音楽として一般には認められていないのかな?

親としては、別に演奏者や指導者になって欲しいとは思わないし、本当に趣味として長く続けて欲しい。自分が何一つ長続きせずに趣味と言えるようなものを持っていないから。ま、娘には迷惑な話かもしれないけどね。
長い事ヤ○ハの音楽教室でお世話になっているけど、娘には音楽的才能は皆無。耳コピも出来ないし歌を歌わせれば音痴だし(すまん、私の遺伝子だ^_^;)。でも皆とアンサンブルを楽しむのが大好き。主旋律のないアンサンブルのパートの練習ばかりしています。娘にとっては個人レッスンでは意味がない。いくらお月謝が高くても、個人的な指導がイマイチでも、ヤ○ハのグループレッスンが娘にとっては一番楽しい時間なんだよね。グループレッスンだけで大丈夫かという不安なあるけど、グループレッスンしか受けなかったって友人のお子さんもいる。高校生になったその子は学校で吹奏楽を楽しんでいるみたいだし、たまには家でピアノを弾くみたい。
最初は音楽の基礎を学ばせないと意味が無いと私もキツク言って練習させたりもしたけれど、最近は楽しめればそれで良いんじゃないかと思い始めた。一生懸命ピアノをやったってそれでご飯が食べられる人はごく一部。だったら辛い練習より楽しい練習の方がいいような気がしてきた。

ただ、娘がしたいのがエレクトーンって言うのが大問題なんだけどね。はぁ。
ピアノだったらよかったのに。本物のピアノは買ってあげられないけど、たくさん種類のある電子ピアノから機能と予算の見合うものを選んですんなりと購入できたよ。でもエレクトーンは選択肢がないのだよ。ヤ○ハから購入するしかないんだよね。そして高価なんだよ。
そりゃ、本物のピアノなどに比べれば安いのかもしれないけど、ピアノは長く使えるが、エレクトーンは所詮電化製品。もっても10年だろうし。

そして、それを買ったとして活用できるのかが一番不安。
英語教材で悲しい思いをしたからなぁ・・・。
ネットでボロクソに言われようと10年使ってくれるなら買っても良いかと思う。
しかし親の買ってくれたピアノを思いっきり無駄にした私が良い例だ。いや悪い例?子供は飽きっぽいもの。エレクトーンをやりたいという気持ちがどこまで維持できるんだろう?そうでなくても学年が上がれば結局は学習に時間をとられてしまうし、そのうち受験だ何だと辛い時期がやってくるとエレクトーンの練習をする時間も無くなってしまうだろうし。
小学校卒業まであと4年。
中学校卒業まで7年。
できればその後、趣味として週一回ぐらいでも演奏を楽しんでくれたなら・・・。

いやいや将来のことを考えるより大事なのは今なんだよね。
音楽教室に通い続けるにはやはり楽器は必要。今あるキーボードでの練習ではもう限界がある。同じグループの子はすでにピアノ、エレクトーンの選択はしている。どっちつかずなのはウチだけ。
だから娘がエレクトーンを選択するというならそれを買うしかないのだ。
買うのならなるべく早い時期がいいのだ。
私としては娘のために無駄な買いものだと言われても買ってあげたいのだ。

それがわかっているのに購入に踏み切れない私です。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。