スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同窓会
2010年03月19日 (金) | 編集 |
春に出身高校の東京同窓会があります。今回は私たちの卒業年が幹事。
懐かしい友人からの薦めもあり、MLには登録してもらいました。
幹事学年として素晴らしい同窓会にしようという熱い意見が飛び交っています。
友達が少ない私のメールフォルダに毎日MLでの意見メールが来ます。

そのたびに、皆すごいなぁ~と憧れてしまいます。
知らない単語がたくさんで(爆)。カタカナも英語もいっぱい。
意見を提案する文章も言いたいことが簡潔に述べてあって無駄がない。文章も美しいが内容もとても充実。一つのことに付いてもあらゆる角度からの考察がなされて、そういう見方もあるんだーと目からウロコだったりして。

私の駄文とは大違い。←比較するな。


それもそのはず、私の出身校は地元では伝統の進学校。
何をどう間違ったのかそこに入学してしまった私は、まわりの生徒の優秀さにビックリしたものです。もちろん勉学においてもだけれども、何かを企画しそれを実行して行く行動力も持ち合わせているような勢いのある人がたくさんいたんですよ。文化祭や運動会、部活や生徒会活動だって打ち込み方が半端じゃない。
なのに学業は優秀。私がどんなに頑張ったって平均点をとれるのは稀でした、つか学年450人中400番台の成績を保持(笑うしかない)。
それ以外にもクラスの半分以上がピアノが合唱コンクールの伴奏が出来る程度には弾けて、音楽の授業なんてレベルが高すぎてついていけないー。書道師範を持っている友人もいましたし。何かしら才能に恵まれた人々の集まりでした。

まぁ、見事にコンプレックスの塊になっちゃいましたけどね(笑)。
私の努力程度では追いつけないレベルの高い人間が、世の中には山ほどいるんだと。

そんな感じで周囲が優秀すぎて、本当に私なんかがいる場所じゃなかったのですが、それでも高校時代の3年間は本当にとても楽しかった♪優秀な同級生からいろんな刺激をもらったし。

そんな皆が相変わらず、議論を戦わせて同窓会の成功に向けて頑張っているんだなぁ。
お仕事をされている方はきっと社会的地位もあるんだろうなぁ。
と、年齢を重ねても生き生きとしている同級生がまぶしく思える今日この頃。
みんな出身校を愛しているし、ここの高校の出身ですって胸を張って言えるのが羨ましい。

私は愛校心が強すぎて、自分の出身校はあまり大きな声ではいえないんですけどね(滝汗)。
こんな普通の人間が通うには素晴らしすぎる学校だったから。

そんな出身校も今はどうなっているんでしょう?
イマドキの若者にはああいう雰囲気ってどうなのかなー。なんていうか熱い雰囲気って。

古き良き時代のあの高校時代が懐かしい今日この頃です。
イロイロとあって同窓会には出席できそうにありません。
つか、卒業以来、同窓会には出席したことはないんですけどね(汗)。
MLには登録したものの、やっぱりお役に立てない私です・・・。

みんなあの頃と変わらず、いやそれ以上に充実した日々を送っているんだろうな。
私のように普通の専業主婦している人もいるのかな?
影の薄い目立たない生徒だった私を覚えていてくれる人がいるのかな?
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。