スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院WEEK
2006年05月28日 (日) | 編集 |
気がつくと1週間日記をサボってましたわー。
今週一週間何かと忙しくて。というのももう病院通いの毎日。
あまりに悲惨なお話なので、続きに書きます。
先日、血尿が発覚し、その後ちょっとばかし下腹部に痛みを感じたので再度受診したら(って婦人科ですが)抗生剤を処方されました。
まー、膀胱炎には抗生剤でしょ。
で、お薬を飲みつつ、水分をたくさん摂ってたら、なんだかもうどうしようもないくらいの尿意に襲われるわけですよ。おトイレに駆け込んでスッキリしても、ものの30分も経つとまたおトイレに駆け込む状態。
つーわけで、再々度、受診。ってまた婦人科(をい)。
そーすると、婦人科ではもう守備範囲をこえてるので泌尿器科に行くように薦められたよ(当然だな)。

というわけで、かこね、四十路にして泌尿器科デビューですよ。
せっかくいくなら泌尿器科オンリーでやってるところに!と意気込んで行ってみましたが、これ大失敗。なぜなら待合室はおじちゃん、おじーちゃんてんこ盛り。30人以上はいると思われ。うらわかき乙女?には場違いな空間。

そして大人気の泌尿器科なので3時間待ち!そーでなくても襲い来る尿意と戦ってるってのにー。でもって検尿があるからおトイレ我慢しろって・・・。もう死ぬ。
いや、ここで死んではいかん!ってことで受付のおねーちゃんに必死に訴え、順番すっ飛ばして問診検尿してもらいましたよ。待合室のおじちゃん達の視線が痛かったよ。
検尿後、膀胱に尿が残ってるか機械で測定したけど、これは問題なし。
診察までまだまだ1時間以上はかかるってので時間つぶしに一旦病院を出たよ。看護婦さんが「診察はエコーで見ますからオシッコ溜めた状態でいらしてくださいね」って。その見極めが、今とても難しいんですけどー。
買物して一旦家に帰って1回トイレに駆け込む。それからちょっと家で時間を潰してそろそろという時間に出かけていく。
が、待合室にはまだまだ4~5人の患者さん。不吉な予感がしたんだけど、だんだん尿意が襲ってくるー。
というわけでまたまた受付のおねーちゃんに必死で訴えたところ、「あと2人で順番です。頑張ってくださいっ。」と申し訳なさそうにお願いされましたよ。こっちはもう冷や汗ダラダラなんですけど。
もうダメだと思った瞬間にやっと名前が呼ばれ診察室に。とりあえずエコー。腎臓と膀胱と。機械を膀胱付近にグリグリと。ご、拷問ですっ。
終了後、速攻トイレに駆け込み、人として終わらずに済みました。

が、診察の結果、尿検査に異常なし。膀胱、腎臓に異常なし。
なんで?????
診断名:慢性膀胱炎。
今の状態では細菌性の膀胱炎じゃないケド、多分過去に自覚症状ナシの膀胱炎は何度か罹ってたと思われるって。確かに産後、オシッコが近くなったなーって思うときが何度もあった。コーヒーが好きなのでそのせいだと思ってたけど、軽めの膀胱炎だったのかも?
そういう人はオシッコがしたいって感覚がとれなくって頻尿になることがあるんですってよ。

で、漢方薬とお薬を処方されましたよ。
お薬の効能をみたら「頻尿、尿失禁を緩和する。神経因性膀胱、神経性頻尿、不安定膀胱、膀胱刺激状態(慢性膀胱炎、慢性前立腺炎)」って。
結局ストレスが原因なの?
ストレスが体に出るようになったって、やっぱり年をとったせいかなぁ(涙)。

というわけで、ただ今お薬服用中。3日目あたりから薬の効果が出始めたのか頻尿が落ち着いてきた。これはもう徹底的に治さないとネ。頑張って病院通いを続け、完治に向けて頑張りますわ。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。