スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動会です。
2010年09月23日 (木) | 編集 |
今年の運動会も爽やかな晴天!

日差しはまだまだ暑いけれど、日陰にいるとひんやり涼しいという絶好のコンディション(親に限る)。
テントが足らないみたいで子どもたちは結局は炎天下で大変そうでした。
南国では、幼稚園、小学校と全員がテントに入れるのが当たり前だったので、やっぱ南国と北関東じゃ日差しや紫外線に対する意識に差があるのでは?って思っちゃいましたよ(怒)。

早朝には壮絶な場所取り合戦が行われたようですが、我が家は親子3人でこじんまりとお弁当を食べる場所さえキープできればOKなのでノンビリと出発。運動場に面した校舎の裏の涼しい日陰を抑えることが出来ました。ここが昼食時になるとシートを広げる人が増えて一気に満杯に。図らずも昼食の特等席を朝からキープしてたのね(笑)。
つか、皆、朝は何の場所取りしてたの?


運動会は、4つのチームに分かれて競われます。
それぞれに、「赤城」「榛名」「妙義」「浅間」と故郷の山の名前がつけられています。どうやらこの地方の学校はすべてこのネーミングらしいです。人数が少ない所は「浅間」を除く3チームになったりするみたいです。
娘は「榛名団」。かっこええー。

子どもたちは1~3年生、4~6年生と3年間は同じ団に所属します。クラスで団結して、というな盛り上がりはないですが、3年間同じ団なので、所属する団への愛着も沸くようです。

出場競技は「徒競走」「表現」「リレー」「遊競技」です。

まずは、「徒競走」。
d100918_1.jpg
な、なんとぶっちぎり1位でゴールです。
小学校に入ってから初めてですわ。

まぁ、これにはカラクリがあるんですがね。
徒競走は身長順に走るのですが、団対抗なので団の中での身長順になるんです。娘の団は身長の高い子が多いので背の高い娘でもずいぶん早くに走ることに。結局、一緒に走った子の中では1人だけ巨人状態だったんですよ(笑)。まだこの時期は、背が高いほうがかけっこには有利ですからねぇ。

それでも、一番になったのはスゴイことでした。良かった良かった!
写真でお見せできないのが残念ですが、ゴール手前の娘、満面の笑みで走っております♪
今年はバッチリ写真も撮れたのでカメラマン母も満足♪

「表現」はいわゆるダンス。
d100918_2.jpg
Bの振り付けに比べれば簡単なので娘は余裕~。
カメラマン母を見つけてカメラ目線で踊ってくれました。

「リレー」は団対抗で運動会が一番盛り上がる競技です。
今年もリレーの選手に選ばれましたが、コチラの学校は学年毎に走るので、8人×4チームの32人、結局学年の3分の1がリレー選手として選ばれるという広き門(笑)。なのに補欠ギリギリでの選出だったようです(爆)。えーと、前年までクラスで4人のリレー選手に選ばれていたような気がしますが、いよいよ運動音痴の私のDNAが幅を効かせて来ましたかね(焦)。来年は選出されない予感がしますわ。

男女混合8名のリレーで6番走者。団子状態の3位でバトンをもらい、団子状態の4位でバトンを渡しました。男の子ばかりのメンバーで走った割りには抜かれたけれども差がつかなかったからなかなか上出来だったということにしましょう。
我が子ばかりみていて全体の順位は何位だったんだか(笑)。

お昼をはさんで「遊競技」。棒回しです。
娘は棒を回す要のポジション。腕の力はないので体重で選ばれたか(笑)。
娘にバトンタッチした時点でダントツビリでしたが、娘のチーム3人はリレー選手ばかりの俊足チーム?だったのでなんとか差を縮めて3位のチームと同じタイミングでバトンタッチ出来ました。その後のメンバーの頑張りで何とかビリは免れましたよ。パチパチ。

と、熱い視線で運動会全体を楽しんでいたかのような記事ですが、私も旦那も、結局我が子の出番さえ見られればいいので、娘の出番以外のほとんどの時間は、校舎裏の日陰に陣取ったシートの上でゴロゴロ涼んでいましたわ。


観客席のお母さん方はみんなオシャレでした。親子競技はないから当然か。
なのにジャージ着ていった私orz。ひとり張りきっている感じで恥ずかしかったわ。
まぁ、手持ちのジーンズはどれも入らなくなって着ていくものがなかったからジャージ着ていくしかなかったんですが(涙)。

北関東はマーチングが盛んで、娘の小学校も6年生でマーチングバンドを組んでいます。運動会でのマーチングは1年足らずの練習しかしていないのに立派にこなしていました。
6年生の演奏に合わせて1年生がダンスの競技をするのも見ていてほほえましかったです。

そして運動会といえば組体操。
南国では6年生だけでしたが、北関東は5~6年合同での演技。
この組体操っていうのは私の涙腺を刺激する競技なんですよねー。
我が子どころか誰も知り合いは出場していないというのに今年も涙ウルウルになってしまいました。何故だ?2年後に我が子が出場するようになったらタオルハンカチ必携かも(汗)。

というわけで、今年も運動会が無事終わりました。
娘の榛名団は3位。まぁこんなものか。
見ている側としては、楽々運動会で良かったです♪

d100918_3.jpg
そのハチマキのつけ方は正しいのか?
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
さすが
おしゃれな、ハチマキのつけ方ー。
やっぱり、shakiさま!ってしびれました(笑)

そして、読み終わって、自分もその場にいて
見ていたんじゃ?というくらい、想像ができて楽しめました♪

そして!!
子供たちのところにテントがないって!?
ほんとに、びっくりカルチャーショック!
信じられないー。

でも、何はともあれ、
無事、笑顔で運動会が終わったことなにより♪

ほんと、組体操ー。
他人事と思っていたけど、2・3年後には
自分の子供たちがする!?って思うと、
号泣しそうで怖いですー。
2010/09/23(木) 16:56:24 | URL | きなこ #-[ 編集]
Re: さすが
きなこさん、こんにちは。

でしょー。おしゃれさんは違うでしょー(←棒読み)。
まったくもってズボラさんなんですよ。
ハチマキをいちいち結ぶのが面倒で、わっかにした状態で着脱していた結果がコレです。

テントはですね、数が足りないみたいで、各チームの1・2年生の分しかないんですよ。
その他にも、教室廊下がわに窓がなかったり、冬場はストーブがあったりと、九州地方とは気候が違うんだなとビックリすることだらけです。

組体操はなんで泣いちゃうんでしょうねぇ。
小学校最後の運動会で、皆で力を合わせる競技で、
そして、選曲もなんだか泣かせる曲オンパレードだからかな。
ハマっている「ゲゲゲの女房」の主題歌「ありがとう」に合わせて演技されものだから、涙ダーでしたよ。参った。
2年後からはタオルハンカチどころかタオルが必要かもしれません。
2010/09/24(金) 17:23:16 | URL | かこね #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。