スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

習い事って?
2010年10月09日 (土) | 編集 |
またしても、脳内のグチャグチャを整理すべくダラダラと文章にさせていただきます。

自分が子どもに課しているものが適切なものなのかという迷いが常に頭の中にある。
それは正しいのだと言い訳したい衝動に駆られます。

子どもにとっての習い事ってなんだろう?
習い事をせずに、毎日をのびのびと過ごしているお子さんを羨ましく思うし
逆に習い事を頑張ってその方面の才能をぐんぐん伸ばしているお子さんも羨ましく思う。
我が子がさせている習い事は、果たして子のためになっているのだろうか?

自分が小学生時代、日々何をして過ごしていたんだろう?と思う。

私は一人っ子なので、家に遊び相手がいる環境ではなかった。
低学年の頃は社宅(団地)に住んでいたので、回りに同じ年頃の子がいて遊んでいた記憶はうっすらとある。春には田んぼでれんげを摘んだり自転車で団地の回りをぐるぐると回ったり社宅の周りの金網を登ったり。団地には遊具もあったのでひたすらにそこで遊んでいた。

時間はたっぷりあったはず。
有り余る時間を何をして過ごしていたんだろうと不思議に思うわー。

娘も兄弟がいないわけで、家に遊び相手はいない。
(実家も遠くだし、娘には従姉妹もいない。)
兄弟仲良く遊んでいるお宅はとてもほほえましく羨ましいけれど、コレばかりは仕方がないことです。
同級生のお友達と遊ぶコトもあるけれど、昔と違いお友達も習い事で忙しいので週に1~2回が限度。予定がない日に娘を放っておくと、テレビアニメを観て、漫画を読んで、お絵かきをして、ゲームをして。
うーむ、どれもイマドキの小学生には必要な遊びかもしれないけど、こればかりじゃ健全な遊び方とはいえないよねー。毎日コレをやられると親としても許せないわ。

というわけで、結局私は習い事に頼ることになる。

以前は月曜は英会話、火曜は音楽教室、木曜はスイミングで金曜はB、そして土曜には体操教室と毎日習い事(汗)「そんなに習い事をさせて可哀相じゃない?」なんて意見もあったけど、幼児の習い事のレベルは低いし本人も楽しんでやっていたし、私も家でダラダラされるよりは、と思っていた。

さすがに学年が上がると帰宅時間も遅くなるし宿題も多くなってきたし、音楽教室の課題も難しいものに発展してきたので練習しないといけなくなったので、転居を機会に習い事を絞りました。

スイミングは週に一回泳ぎに行くだけだし、泳ぐのが好きな娘にとっては楽しい時間なので負担ではないようです。エレクトーンも週一回のレッスンはグループレッスンなので楽しくて仕方がない様子。それに毎日の練習のおかげで不健全(?)な遊びに流れるのを防げるのでなかなかいい感じ。

この二つだと、習い事というより趣味ですわね。おほほ。
それでも継続してコツコツとやっていく大切さも身をもって学ぶにはいい習い事ですのこのまま続けさせたい。学年が上がればいずれはこれらも絞らないといけなくなるかもしれないけど。

でも習い事ってそれだけでいいのかな?
もっと本人にとって負担になることを経験させてもいいのかも、という思いもある。
娘のお友達にもスポ少に所属している子が数人いて練習など大変そうです。時間的にも拘束されるし。それでも皆、頑張っている。

というわけで、娘にも厳しいチームでのBも迷いつつも続けさせてる・・・。
本人はBは好きだけど、チームで一番ヘタクソ。
この状況を打破すべくがむしゃらに頑張るっていうのもいい経験かなと。
実際、辛い想いをしながらも、彼女なりに頑張っています。
かむしゃらってわけではないですけど(笑)。


そういうわけで現在、娘が毎日最低やらなければならないことは
宿題、エレクトーンの練習、Bの基本練習。
それらをチャチャッと終わらせれば大した時間はかからないのだけど、ダラダラとやってるので就寝の9時までに終わらねー。

それで、毎日私は「早くしなさい」だのガミガミ言うことになる。
私的には「やるべき事をさっさと済ませてから後をユッタリと過ごせばいいのに」と思っていうのだけど、こんなに毎日毎日同じことを言い続けるのはかなりのストレス。
こんなにダラダラと過ごすのは娘の性格だとは思うけど、もしかしたら習い事が体力的に負担なのかもしれない(ありえないけど^^;)。
そうでなくてもこんな毎日は親子関係にプラスになっているはずがない。
いっそ、習い事なんて全部やめてしまって、せめて小学生の間はとことんノンビリダラダラと日々を過ごす方が娘ためのいいかも?

と、悶々と考えてみるけれど、
答えは出ない。

答えなんてあるわけないんですよね。


過去にさかのぼり私がやっていた習い事といえば、ピアノと習字。
習字は週に一回、同じ団地の先生の所に行くだけ。それなりに段も取りましたが、履歴書に書けるものではない程度。それでも字が汚いと言われたコトはないし、筆文字もそこまで嫌じゃない。結局は習っていて良かったし、今でももう一度習いたいと思うほど。
ピアノだって全く練習しなかったので弾ける曲も1曲もなく、私の両親にとっては無駄金を使わせてしまって本当に申し訳ないと思う。そんな私でも娘のレベルの曲なら譜読みもできる。初見である程度弾ける。聴いた曲をある程度は耳コピができる。習っていなかった旦那はそれのどれも全くできないので、やっぱり全く無駄ではなかったなと。

やっていたことが全く無駄になることはないのだ。
そう信じているので、娘にはしばらくこのまま習い事を続けさせようと思うのです。
習い事に時間を使えるのも小学生のうちだけですもの。

イライラする日々が当分続きそうです。とほほ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そうなんですよね・・・
習い事って、子供の問題だけじゃなく、
親の忍耐力まで試される感じですよねー(汗)

でも、ほとんどの習い事が、
本人が、泣き叫んで行きたがらないもの以外は、
絶対、後々、習ってて良かった~に繋がると思います。

私なんて、(自分は覚えていないんだけど)嫌がって、
嫌がって、姉二人は習っていたピアノを習わなかったのだけど、
今思えば、「嫌がっても、無理にでも習わせてくれればよかったのにー」
なんて、勝手なこと思うくらいですから(笑)

特に、shakiちゃんは、小さい頃から、
きちんと続けてるってだけで、私からしたら、
親子とも拍手物ですー。

家での、「さっさと練習しなさいバトル」も、
うちも、最近似たようなことあるので、
想像つきますが、後々、いい思い出になるのでは…と、
あくまで前向きに(笑)ごまかしてます。

でも、おっしゃるうとおりー。
私達の小さい頃の思い出って、
時間がたーくさんありあまってたイメージですが…。

なんか、自分の子供たちは、時間が少ない気が…
そんなわけないんですが、不思議。
2010/10/09(土) 21:43:48 | URL | きなこ #-[ 編集]
Re: そうなんですよね・・・
きなこさん、おはようございます。

本当にきなこさんのおっしゃる通り、習い事は親の忍耐力を試されていますわ。
娘は特に自分から辞めたいということはないので(態度は辞めたいのか?と思うことばかりですが^^;)辞め時がわからないまま今に至る感じです。
「継続は力なり」
それだけを信じて続けているようなものです(笑)。

きなこ家は兄弟3人が仲が良くて、きなこさんもお子さんにとても尽くしていらっしゃるので、お子さん達が家庭内で学ぶべきコトをきちんと身につけているのがとても羨ましいです。お手伝いや下の子のお世話など、お母さんや兄弟のことを思いやる気持ちが本当に素敵な家族ですわ。
ウチには残念ですがそういう部分が欠けていますからね。もちろん、一人っ子ならではのいいコトもあるとは思いますが。

そしてナッツのように本人が本当に好きなコトに打ち込んでいるのも素敵だなと思います。
なんつうか、無駄がない(笑)。
娘は「本当にやりたいのか?」と疑問に思うことばかりなもんで(汗)。
でも「さっさと練習しなさいバトル」がきなこ家にもあるんですね。安心しましたー。
まぁ、ウチはどちらかというと「さっさと宿題しなさい」のほうです(泣)
習い事よりも学校のことだろっ(怒)。
後々いい思い出になるのかしら・・・そうなって欲しいです(笑)。

そして、最近の子供たちには時間が少ない気がしますよね!
ウチはもしかしたらテレビのせいかもしれないです。観るつもりのないテレビをついボンヤリと眺めてしまう。少しずつですが時間を無駄にしてるのかも。
これは子どもだけじゃなくて私もなんですが(反省)。
2010/10/10(日) 09:54:46 | URL | かこね #-[ 編集]
日々、闘い
「子どもたちは本番にはちゃんと帳尻をあわせてくる」のお言葉とおりに本番をむかえ、今までで一番良い演奏をして、金賞e-364を獲ってまいりました。
本人達も親達もビックリe-451の結果でしたね。

そんな喜びも束の間の昨日、さっそくダラダラしたエレの練習にブチギレて、叱り怒りまくりe-442
「なんでこんな思いしてまでやらなきゃいけないの」と落ち込んでました・・・

成長すべきは私の方なのでしょうね。
2010/10/12(火) 10:21:55 | URL | ドリー #-[ 編集]
Re: 日々、闘い
ドリーさん、こんにちは。

まずは金賞受賞おめでとうございます!
素晴らしい結果ですよ♪すごく頑張りましたね。
お子さん達も頑張りが結果に繋がって本当に嬉しいことでしょう。

コレでやる気を出して今より一層頑張れば次も入賞できるよ!
なんて、親は欲が出るのですが、やはりどこのお子様も同じのようで(失礼^^;)

子どもって本当に思いどおりには動かない生き物ですね(笑)。

> 成長すべきは私の方なのでしょうね。
えぇ、私もそう思うのですが、なかなか(汗)。
2010/10/12(火) 16:12:05 | URL | かこね #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。