スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

授業参観&懇談会
2010年12月04日 (土) | 編集 |
授業参観はまたしても「道徳」。
道徳の確率が高いのはどうしてよ(怒)。

ふつーに国語とか算数とか見たいのになぁ。
3年生から始まった理科や社会の授業にも興味シンシンなのに。
そういう授業だと学力に差があるのが見ていてわかるからなのかしら?授業に付いていけない子がいると先生も立場がないから?と勘ぐってしまいます。

道徳の授業は
「子どもが、お手伝いの報酬や頑張った事に対するご褒美として4ドルの請求書を母親に渡した。母親は請求額の4ドルを支払い、同時に子どもに対しての請求書を渡した。母親の請求書には毎日の食事代、洋服などの経費、病気の時の看病代などの項目があったが、請求額は0ドルだった。」
というお話に沿っていろいろと意見を交わすと言うものでした。

だがしかし、先生が導きたいであろう意見が全くでない(笑)。

話の途中でおそらく母親の請求書は0ドルなんだろうなと想像がつくけど、3年生の頭ではそこまで考えは及ばず、4ドル!10ドル!25ドル!と根拠のない答えが飛びかうのみ。挙句の果て、なぜ母親の請求書は0ドルだったんだろう?という問いかけに納得がいくような意見を出した子はおらず。「子どもはお金を持ってないから可哀相と思ったから」とか(がっかり)。

道徳の授業に正解はないけど導きたい方向はあるわけですよね。
この授業の場合は「母親の子どもに対する無償の愛」だとか「お金に換算出来ないものがある」とか「感謝をお金やモノ以外で相手に伝える方法」とかだったようです。それなのに子ども達は、そこに辿り着くどころかかすることすらできず、先生もとてもやりづらそうでしたわ。
結局最後は先生が「家族は皆のために色々なことをしてくれているので、ありがとうと言いましょう」ときれいにまとめてしまい、私は苦笑いするしかなかった。
だって、我が子が親のありがたみに全く気が付かないでいるってことですもんね(泣)。

あー、なんだか疲れちゃったわ。
算数のように正解のある授業の方が見ているほうも楽だわねぇ。

さて、活発な意見が交わされる(といえば聞こえはいいけど、結局はザワザワと落ちつかない)授業のなかで、我が子は何をしていたかというと・・・
完全に存在を消しておりました(爆)。
昼休み中はあんなにうるさかったのに授業が始まった途端に静かになる人。
人の話はちゃんと聞いていたし、意見を記入するプリントも真面目に書いていたようだけど。

途中、「母親の請求額はいくらだったと思うか?」という質問にふと視線を上げてちょっと手を挙げたところを先生に指名され、あわてふためき「15ドル?」とか答えてましたけど。
後で聞いたところ手を挙げるつもりはなく、単に頭を掻きたかっただけだそうで(やっぱり)。
先生も普段全く発表しない子が手を挙げるそぶりをしたのをみて、すかさず指名したと思われます(笑)。



引き続き、懇談会。
コチラの学校は、授業参観だけしてその後帰られる保護者の方もかなりいらっしゃって「なんだかなぁ」という印象でしたが、今回は出席者も多かったのでちょっと安心しました。

もちろん、お仕事や用事があったりとか、小さな弟さん妹さんがぐずるからといって懇談会を欠席するのは仕方がないと思います。
でも平気で「面倒臭いから♪」と笑いながら集団でおしゃべりしながら帰っていく保護者も多くて正直ビックリです。我が子が学級や先生方にご迷惑をおかけしていないかとか、親が気が付かない何かの兆候が学校生活で見られないかとか気にならないのでしょうか?せっかく子供達の学校での様子や生活や学習の問題点などをお知らせしてもらえる機会なのになぁ。

先生が報告してくださるクラス全体の様子と娘の様子や話を照らし合わせると、自分の子がどのくらいクラスに馴染んでいるのかが想像できます。
女の子がかわいい文房具やアクセサリーを持ってきていて授業の集中力に影響があるといわれても、娘はまったくそんなことには興味がないので女子としてどうなのか?と焦ったりもします。
逆に宿題プリントをしてこないで人のを写したりしている子が発覚したと聞くと、娘は親から言われないと宿題をしないものの、ちゃんと自分で解いてズルをしないから良かった(当たり前ですが)とか。

一般的3年生における娘のポジションがどうなのかすごく気になるので、私は懇談会は皆勤賞ですわ(単にヒマとも言う^^;)。

それに、懇談会前後には、私に「娘ちゃんのお母さんですよね」と声をかけてくれ、お子さんから見た娘の様子などの情報を下さるお母さんもいらっしゃってなかなか興味深い話も聞けます。
大体は娘を誉めて下さるので「娘のソコを誉めてやらなくてはいけないのか」と気づかされます。それに娘を面と向かって誉めるのが照れくさい場合は「○○ちゃんが誉めてたってよ♪」と娘に報告してやるだけで娘も喜ぶしやる気UPです(笑)。

いつもいい報告が聞けるといいのですが、過去には娘がクラスの問題児から迷惑行為を受けている事実を知らされたこともあります。
だから私は懇談会を理由もなく欠席するなんて恐ろしいとすらと思うのです。

今回は学級活動にはあまり問題もなく、30分ほどで終わりました。大体において我が子もクラスメイトから浮いているような感じもしませんでしたし、娘の話と大きく違うような話もなかったです。

他のお母さん情報では「娘ちゃん、絶対音感があるんですか?」という質問にぶっ飛びましたけど(爆)。
どうやらお子さんが「娘ちゃんのオルガンやピアニカがメチャクチャ上手だ!」とべた褒めしたらしく、お母さんに伝わった時にはスゴイ音楽的才能があるってことになっていた模様。
ただ、単にエレクトーンで練習している曲が皆に馴染みがある曲だと言うだけだと思います。ぜったいピアノを習っている子のほうが上手だと思いますもん。それに歌を歌わせればどこまで音をはずす気か?と突っ込みたくなるあんなオンチの娘に絶対音感があるわけがなく(爆笑)。

まぁ、大きな誤解は解きつつも、娘さんが我が子を誉めてくださったことには感謝♪
早速娘にも報告してエレクトーン練習をさらに張り切ってしてもらいましょう(鬼母)。

そのお母様と他の数人の保護者の方とお話ができましたし、なかなか楽しかったです。
・・・でも、結局誰のお母さんかわからずじまいなんですが(ヲイ)。

まだまだコチラの学校ではポツン系の私ですが、確実に顔見知りを増やしつつ有意義な授業参観と懇談会でした。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
懇談会
もう一人のHさんのところでも懇談会というのを見かけますが、こちらではそのようなものが無いです。
授業参観のあとはPTAの行事があるだけ。
だから出ない方も多いです。
懇談をするなら私も出たい!

で、段々卒業を祝う会とかいう催し物が近くなってきたので集まりに参加したのですが、会終了後先生にトイレ脇に呼び出された。
どうやら相変わらず外されたままらしいです、娘。
不思議なもので、親同士もなんとなくよそよそしくなる気がするのですよねぇ。
所詮元からぼっちな私ですので気にはしませんが、微妙な空気を感じます。
でも全く口を聞かないとかそういうタイプのものではなく。。。
会話はするけど、休み時間とか取り残される。。。とか。
うーーーーん。本人もどうしたいのか謎なだけにどうしたらよいものか迷っています。

無理する必要もないけど、一人ぼっちになるのはどうかと。
いろいろと解決方法を模索していきたいと思います。
このままだと中学行っても引きずりそうなので今のうちになんとかしたいわぁ・・・(悩)

と、ココで愚痴ってしまいました。すみません。。。
2010/12/06(月) 12:19:53 | URL | ひなもっち #-[ 編集]
Re: 懇談会
ひなもさん、こんにちは。

南国の学校は毎月のように授業参観&懇談会があって、頻繁に学校の様子の報告があったのですが、コチラの学校は学期ごとに1回でなんとなく物足りなさを感じております。忙しいお母様方には申し訳ないですが(汗)。

なのにひなもさんのところは懇談会もない??私的にはありえないですぅ。
小学校高学年になったら友人関係も微妙になってきますし、子どももなかなか学校の事を話してくれなくなりますので、是非学校側からの報告を聞きたいですよね。親の目ではなく他者の目からの子供ってのの情報はとても大事だと思うんですが。

ももっちの先生は結構子供達の事を見てくださっているんですね。
そして報告してくれるのはありがたいですが、その解決法もなかなか難しいっすね。
子どもの交友関係は親にも影響しますし(Bで痛いほど経験しております)。

私も今でこそお1人様を満喫できますが(一人の方が楽なB型ですから^^;)小学校高学年~中学校はぼっちだたと人にどう思われるのかがかなり気になっていたタイプです。ももっちさえ気にならなければいいのですが、本人もなかなか自分がどうしたいのかがわからない時期かもしれませんねぇ。

ももっちがどうしたいのか。
これを探るのが今一番の課題かなぁ。
中学校では新しい交友関係もできるかもしれませんよ。
部活関係のつながりもでてくるしーと期待するしか出来ませんけど(汗)。

もちろんお友達には恵まれるのが一番ですが、人とつるまないと何も出来ない人間にはなって欲しくないです。結局は最後は自分なんですもの。1人で行動できる人間になって欲しいですね。
ももっちはその点大丈夫な気がする。親ではありませんが欲目かなぁ(笑)。
なによりも、ももっちには家族という拠り所がしっかりありますから♪

問題を解決する事はできませんが、愚痴ならいくらでも聞きますから。
えと、私の愚痴もきいてくださいましね。
2010/12/06(月) 13:03:40 | URL | かこね #-[ 編集]
コメ返失礼します。
おそらくこちらの懇談会は学年懇談会が年に数回あるのですが、それと同じかと。
週末夜に開催して、そのほかいろんな学年行事の協議とセットなわけです。
だから先生から報告はあるものの、ぼんやりとしたものになりがちです。
もっぱら母同士のコミュニケーションで情報は伝わるようですが、私自身がそれに乏しいので・・・(汗)

>ももっちの先生は結構子供達の事を見てくださっているんですね。

どうなんでしょうか~。
男の先生だけど頼りなくて、ただ女子問題となると目ざといみたいです。
かなりビビリ気味と言うか・・・。
だから先生が心配するほどではないのかなぁと思ったりもしていたり。

今の私も大量の女子職員がいるのですが、それなりにみんなとコミュニケーションを取れるけど誰かとベッタリになるのがイヤなので基本お一人様です。
昼食も集まると面倒なので一人で外で食べたりとか(汗)
だから娘の他人のことはどーでもいい精神はわからなくもないです。
ただ、やっぱり学校生活ではぼっちでいることをやはり気にしていた自分なのですごく気になってしかたがありません。。。
でもやっぱり当人がなんとかするしかないよなぁって思って。

>ももっちはその点大丈夫な気がする。親ではありませんが欲目かなぁ(笑)。

そう言ってもらえると心強いです!
でも私も大丈夫な気がしています(笑)
キャピキャピ世代には受けないクールでドライなヤツですが、いろんな意味で丈夫な気がする(笑)
でもまぁ、日常のいろんなところでフォローして軌道修正していくように心がけようと思います。

長々と愚痴、ありがとうございました♪
shakiちゃんも、いろんな意味で軌道修正が大変そうですね!
でも大丈夫♪私も中1まではアニヲタでしたし~。
(←大丈夫なのか?)
2010/12/07(火) 09:30:03 | URL | ひなもっち #-[ 編集]
Re: コメ返失礼します。
ひなもさん、こんにちは。

ふむふむ。地域によってこんなにも懇談会に差があるとは思いませんでした。最近はいろいろと問題が多いので南国の懇談会のようにきめ細やかに行われているものばかりと。先生方もお忙しくて手が回らないのかもしれませんね。
その中で女子問題に目ざとい先生はありがたいのかもしれませんね。親はいらん心配はしてしまいますけど見て見ぬ振りよりはマシかも。母同士のコミュニケーションも子どもだけでなく親の感情も入っちゃうから気をつけないといけませんしー。

何かと親ってのは大変ですねぇ(タメイキ)。

> 今の私も大量の女子職員がいるのですが、それなりにみんなとコミュニケーションを取れるけど誰かとベッタリになるのがイヤなので基本お一人様です。
これ、わかるー。特に職場はそうですよね。
全員が友人と言うわけではありませんが、それなりに仲が良くないとなにかと大変。
ひなもっちは子どもだけではなく自分も立ち位置もある程度は気にしなくてはいけないのは大変ですね。まぁ、大人はそれなりに対処できるからいいけど。一応求職中のワタクシ、社会から離脱して日が長いのでこれができるかどうか不安だわ(怖)。

> shakiちゃんも、いろんな意味で軌道修正が大変そうですね!
> でも大丈夫♪私も中1まではアニヲタでしたし~。(←大丈夫なのか?)

なんかもう、ほんとうに自分の子ども時代とは全然違う性格なので大変。
考え方のパターンが私とは違いすぎて。
と書いてみたものの、今の私の趣味趣向と結構似通っていたりして。
結局、親のせいかしら(滝汗)。

アニヲタ女子はひなもっちのような大人になる。と。
真面目女子(無趣味)だった私もひなもっちと似たタイプの大人になってますが何故?
2010/12/08(水) 11:42:44 | URL | かこね #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。